【ママ待望】乳児用の「液体ミルク」が日本でもようやく解禁の方向へ!ストレスも軽減

main 出典:YouTube


「なんで今までなかったのよ!」「液体ミルクなら荷物もストレスも軽減するわ!」

これまで日本国内では販売が認められていなかった乳児用の「液体ミルク」。ようやく解禁する方向で検討されることとなり、母親たちから喜びの声が挙がるなど話題となっています。


液体ミルクは、粉ミルクに比べて乳児に飲ませる手間が少ないことが最大のメリット。販売解禁により、育児の負担軽減が期待されています。政府は2017年度以降、業界団体に安全確認の試験実施を求め、必要なデータなどがそろえば、食品衛生法に関する厚生労働省令など関連規定を改正する方針だといいます。

出典:twitter.com

出典:twitter.com

乳児用のミルクは成分が牛乳よりも母乳に近く、乳児に必要な栄養素が加えられています。欧米で広く普及している液体ミルクは、ペットボトルなどに乳首型の吸い口を装着する使い切りタイプの製品が多数を占め、封を開ければ、すぐに飲ませられるのが特徴。

その便利さゆえに、日本でも早く販売してほしいという声は以前よりも多く挙がっていました。

出典:twitter.com


大きな災害の度に、海外から救援物資として寄付されて注目が集まる

現状は、災害時の救援物資としてのみ、配布が認められている液体ミルク。フィンランドなど海外からの支援品の中には、こうした液体ミルクもあり、使用した被災者たちからは、その利便性を評価する声が挙がっていました。


常温で半年から1年は保存でき、粉ミルクよりは消費期限が早いものの、災害備蓄品としても使用できます。
o0480064011206368783_R 出典:ameblo.jp

出典:twitter.com


なぜ、日本では販売できないのか


出典:twitter.com


日本では、乳児用乳製品の規格を定める厚労省令や消費者庁通知で「粉末状」など粉ミルクを前提にした文言が使われ、液体ミルクは想定されていません。液体ミルクについては規格がないため、製造も販売もできないのです。また、海外製品を輸入する場合は「乳飲料」の規格となるため、赤ちゃん用として販売することができません。


出典:twitter.com

o0480064011206369811_R 出典:ameblo.jp


その他にも、寄せられていた様々な声


出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com


その反響の多さは、多くの人々が待ち望んでいることの証明です。日本でもようやく解禁の方向へ動き出しました。一刻も早い「液体ミルク」の販売を期待したいですね!



出典:headlines.yahoo.co.jp

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加