秋の夜空に願いを込めて…年に一度のオリオン座流星群、今年は10月21日に極大

fd_ori_01 出典:wikipedia
冷たく透明な空気が頬をなでる秋の夜長は、なぜだかロマンチックな気分になることが多いですよね。

そんなこの季節に見ごろを迎えるのが、オリオン座流星群。秋の夜長に流星群が観られるなんて、素敵すぎると思いませんか?

2016年オリオン座流星群観測のポイント

fd_ori_02 出典:twitter @konicaminoltatk
2016年のオリオン座流星群は20日前後からの数日間、観測が可能で、ピークは10月21日(金)24時頃

この日は月齢が19で満月過ぎの月明かりがあり、多少見づらくなりますが、元々オリオン座流星群は全流星群の中で2番目に速度が速いため、明るく見えるのが特徴なので、期待できないわけではありません。

月明りを視界に入れないことや、街明かりの影響の少ない開けた場所で観測出来たらベストです。

fd_ori_03 出典:journal-of-sound
また、特定の一ヶ所をというよりは、空全体を広く観測するのがポイントです。

21日は金曜日だし、どこか星の見やすい開けた場所に行って、アツアツのコーヒーでも飲みながらちょっとだけ夜更かしするのも楽しいかも…。

出典:youtube
因みにこちらは、2014年のオリオン座流星群の動画。とっても幻想的ですよね。

さてさて、今年のオリオン座流星群はどんな風に観られるのでしょうか?とっても楽しみですよね。ただ、秋の夜は非常に冷えますので、皆さま寒さ対策だけはバッチリしてくださいね!


出典:wikipedia/twitter @konicaminoltatk/journal-of-sound/youtube

fd_ori_ic
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加