えっホントに!? 敷設工事付きの“線路”が販売されることに! 1mあたり10万円

main 出典:userdisk.webry.biglobe.ne.jp


「えっ本当ですか!?」「すごい発想だな…」

香川県高松市で開催される鉄道イベントにて、敷設工事付きの“線路”が販売されることになり、話題となっています!線路を買えるチャンスが巡ってくるとは想像もしていませんでした。というよりも、買う人いるの!?

出典:twitter.com


今回、この驚きの企画を発表したのは、香川県高松市を中心に3路線を持つ高松琴平電気鉄道(通称:ことでん)。11月3日(木・祝)に開催される鉄道イベントで、敷設工事付きの「線路」を販売するそうです。

20110307_082355-043_R 出典:tkk3450.blog76.fc2.com


販売距離は1m単位で最大5m

仏生山車両所(香川県高松市)で開催される参加無料の鉄道イベント「第15回ことでん電車まつり」で、敷設工事付きの「線路」を販売。レール、コンクリート製の枕木、バラスト(砂利)などの資材に加え、敷設工事付きで、価格は1mあたり10万円(税別)とのこと。販売距離は1m単位で最大5m。申し込み者が用意した敷地まで線路を敷設しにいくそうです。

線路の敷設工事付きとは…すごいですね。その他の世間一般でよく聞かれる「工事付き」のサービスとはまた違う響き具合で…。

131351395448513421025_s-IMG_8492_R 出典:userdisk.webry.biglobe.ne.jp

出典:twitter.com


「線路の敷設」の販売は今年が初

ことでん地域開発本部の担当者によると、「自宅の庭に線路を敷いてみたら…」と、ふと思ったことがきっかけとなり企画したそうです。「ことでん電車まつり」は毎年開催されているイベントのようですが、「線路の敷設」の販売は今年が初とのこと。「線路の敷設を希望される方が、もし1人でもいらっしゃれば、来年の『電車まつり』でも販売するかも」と担当者は話していたそうです。

20110307_113332-045_R 出典:tkk3450.blog76.fc2.com

対象者は、香川県内在住者(離島を除く)。購入条件は、敷設する土地に4トントラックが入れることだそうです。受付は「第15回ことでん電車まつり」でのみ。

出典:twitter.com

出典:twitter.com


新品ではなく使用済のもの

中古鉄道部品の販売と同様の位置付けであることから、レールや枕木などは新品ではなく、これまでに使用されていたものが再利用されるとのこと。軌間(レールの幅)は「標準軌」と呼ばれる1435mm。JR在来線の1067mmより広く、ことでんや新幹線、京急電鉄、阪急電鉄などと同じだそうです。

第15回ことでん電車まつり


さすがに線路というだけあって購入条件も色々とありますが、本物の線路が庭に敷かれると想像するだけでも凄いことですね!



出典:trafficnews.jp / www.kotoden.co.jp

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加