乃木坂46 橋本奈々未の引退理由「めっちゃ貧乏だったんです。弟の学費の目処がたって」に反響

main 出典:twitter.com


「めっちゃ貧乏だったんです。弟の学費の目処がたって」

乃木坂46の橋本奈々未さんが10月30日に放送されたバラエティ番組「乃木坂工事中」(テレビ東京系)に出演。卒業、引退への思いを語り、話題となっています。


2017年2月を目処にグループからの卒業と、芸能界引退を発表している乃木坂46の橋本奈々未(23歳)さん。この日の番組では対談形式で番組が進行。MCのバナナマンに対して、さまざまな思いを語りました。

出典:twitter.com

出典:twitter.com

1_R 出典:twitter.com

2_R 出典:twitter.com

3_R 出典:twitter.com

4_R 出典:twitter.com

こちらは動画です。

出典:twitter.com


もともと芸能界に入ったのは、本当にお金のためだった

橋本さんは芸能界への未練について聞かれると、「発表するときは全然なかったです。今もないはずなんですけど、昨日発表して、ファンの方のリアクションとか、オールナイトニッポンで共演した2人の反応を見てると、『あ〜…』って泣きそうになるんですけど、未練というよりは、私なりにもっと動いたほうが良かったなとか、自分への後悔というのが多いです。芸能界への後悔というより」と話しました。

そして、バナナマンの設楽統さんが「(アイドルは)嫌になっちゃった?」と質問。これには「もともと芸能界に入ったのは、本当にお金だったんですよ。めっちゃ貧乏だったんです。水道止まる、ガス止まるみたいな。実家が。それでも(自分が)一人目だからなんとかいろいろしてくれた。でも私にしてくれたから、弟に(お金が)回る余裕があるのかって思ったときに、私のせいで、弟は男の子だし…。それでなんとかしなきゃと、この年齢でいろいろ模索している中でここに来たという感じがある」と涙を流しながら語りました。


main 出典:twitter.com


「弟も大学ちゃんと行けて。大学1年生なんですけど、彼も勉強頑張ってくれて学費免除になったんですよ。あと4年あるけど、勉強さえ頑張ってくれれば大丈夫っていうのと。去年、卒業を意識しだした頃に母親から手紙が来て。いつもはお米とか送ってくれるんですけど、その時はただ手紙だけが来て。便せん3〜4枚に、今までゴメンね。無理しないで、好きなことをしてください。弟も随分と自立してくれるようになってきたし、私も私で生活できるからって」と、お金の問題にめどが立ったことが、卒業・引退の大きなきっかけになったといいます。


とにかく毎日が必死だった

また、「『弟をなんとかしよう』という一心だけでやってきたの?」と質問されると、「最初はそれだけじゃなかったです。毎日が必死で、目の前にどんどん新しいこと起こるので…。食らいついていくのに必死というだけでした。そこには弟が…とか、家族が…とかはなくて、とりあえずやらなきゃ!くらいの気持ちでした」と当時の心境を告白。

そして、ペースが見えてきた段階で「芸能界の活動ってこういう風にやっていくんだって分かってきて、やっていく時にしんどい時期というか、もっとこうしなきゃっていう時に、支えになるのは『私がちゃんとしなきゃ、困る人がいる』という気持ちはありました」と告白しました。


この橋本さんの引退に際して語った思いについて、多くのファンから反響が寄せられていました。

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

初期の頃を振り返るファンも…。

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com


苦しい家族の家計を支えるために自らが立ち上がり、ファンには夢を与え続けた橋本さん。別の道に進んでも幸せになってもらいたいですね。応援しています!



出典:twitter.com / www.narinari.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加