千疋屋チョコがパリ品評会で金賞!日本の四季を表現した“彩り”が美しい

LL_img_115306_1r 出典:atpress.ne.jp
世界最大ショコラの祭典 「サロン・デュ・ショコラ・パリ 2016」品評会に出展した千疋屋のチョコ、いや、「ショコラ」が最高位である「ゴールドタブレット(金賞)」を受賞しました!千疋屋はこの賞を受賞するのは2年連続となります。流石金賞受賞のショコラ、美しい見た目に惚れ惚れします!

出品作品の「彩り(いろどり)」は、日本の表情豊かな四季をイメージしたショコラで、4つの異なるデザインのショコラには四季それぞれの果物を使用してあり、視覚・味覚・嗅覚で、日本の春夏秋冬を感じることのできるようになっています!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 出典:atpress.ne.jp
春は苺のショコラ。見た目には桜が彩られ、春らしい雰囲気。味は、”ドライ苺をキルシュで漬け、あまおうの洋酒で風味をつけたガナッシュが、フレッシュな味わい”だそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 出典:atpress.ne.jp
夏は桃のショコラ。見た目は緑で夏らしさを表現。味は、”桃の茶葉で香りづけしたガナッシュと、国産桃で作ったパート ド フリュイで、桃を贅沢に味わうことができます”だそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 出典:atpress.ne.jp
秋は栗のショコラ。見た目は紅葉で秋らしい。味は、”栗の焼酎に、国産の栗のペーストをふんだんに使用したガナッシュで、栗のまろやかな味と香りを感じます。”

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 出典:atpress.ne.jp
冬は金柑のショコラ。見た目は雪の結晶をモチーフに冬らしさを表現。味は、”国産の金柑と、金柑の洋酒で風味づけしたガナッシュで、柑橘の爽やかな風味をストレートに感じます。”


日本の四季をショコラで表現。それぞれ季節のフルーツを使う辺りは流石に千疋屋さんといったところですね!この「彩り(いろどり)」は、11月7日(月)より、銀座千疋屋 築地店にて国内先行販売を開始しています。数量限定で売り切れ次第先行販売は終了となるそうなので、築地にお出かけの際は銀座千疋屋 築地店に足を運んでみてはいかがでしょうか?

出典:atpress.ne.jp / ginza-sembikiya.jp

LL_img_115306_1
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加