「少年にお礼が言いたい」漫画 BLEACHの久保帯人が手紙の送り主を探すために漫画を公開

main 出典:twitter.com


「少年にお礼が言いたい」「彼についてのどんな情報でも構いません」

漫画「BLEACH」の作者・久保帯人先生が、手紙の差出人を探すために漫画を公開。多くの反響が寄せられるなど話題となっています。


思い悩む日々…そんな時に届いた一通の手紙

久保先生が自身のTwitter上で、連載中にもらったという手紙の差出人を探すため、全11ページの漫画を公開しました。連載10年目を迎えた頃に体調を崩し、寝込んでしまう日々が続いていたという久保先生。

締切までにクオリティの高い作品を仕上げることが漫画家と考えていたという久保先生は、もう漫画家はやめるべきなのではないかと毎日毎日真剣に考えて悩んでいたといいます。そんな久保先生のもとへ、名前も住所も書かれていない一通の手紙が届きます。以下、久保先生がTwitterに投稿した漫画をご覧ください。


まずは無事に連載を終了できたこと。その感謝の気持ちを読者に対して伝えます。
1_R 出典:twitter.com

2_R 出典:twitter.com

3_R 出典:twitter.com

4_R 出典:twitter.com

5_R 出典:twitter.com

6_R 出典:twitter.com

7_R 出典:twitter.com

8_R 出典:twitter.com

9_R 出典:twitter.com

10_R 出典:twitter.com

出典:twitter.com


久保先生がお礼が言いたいという一通の手紙とは、余命1年半を宣告された男の子からの手紙でした。「BLEACH」の次の巻が読みたくて、闘病生活において初めて明日のことを考えるようになったことなどが書かれていました。久保先生は、どうしても男の子へのお礼がしたいとし、何かの情報があれば、投稿フォームからのメッセージを求めています。


送り主情報投稿フォーム



思い悩んでいた自分を奮い立たせてくれた一通の手紙。何かの手がかりが見つかることを願っています。



出典:twitter.com

mainmain
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加