店頭に「コンビニ発祥の地」の記念プレートを掲げる店が45年の歴史に幕…地元民惜しむ

main 出典:twitter.com


店頭に「コンビニ発祥の地」の記念プレートを掲げる店が45年の歴史に幕を下ろし、話題となっているのでご紹介します。


場所は愛知県春日井市。お店の入り口に「日本のコンビニエンスストア発祥の地」と銘打った記念プレートがあるコンビニが11月17日、地元民に惜しまれつつも閉店しました。前身のココストア藤山台店の開店から45年余だそうです。

出典:twitter.com

こちらが記念プレート。
Cw4UoOlUsAAUqIF_R 出典:twitter.com

この度、閉店したのは「タックメイト藤山台店」。1971年7月、高蔵寺ニュータウンに「ココストア」の1号店として開店。酒類販売のほか、弁当や総菜の店内調理をいち早く採り入れたことが特長だったそうです。


コンビニ1号店には諸説がある…

日本国内のコンビニ1号店は、1974年5月に開店(ココストア藤山台店の開店から約3年後)したセブンイレブン豊洲店という諸説もあり、その定義については色々な言われ方があるようですが(コンビニという定義が曖昧だったこともあり…)、長時間営業を行う現代のコンビニの形式として最古であると主張しているのが、タックメイト藤山台店です。

Cw4UqxuUAAA8ade_R 出典:twitter.com

ココストアは昨年、ファミリーマートに買収され、店舗は徐々にファミマに切り替えられましたが、藤山台店はそのまま営業。今年9月から「タックメイト」と店名を変えて営業していたといいます。


(寄せられていた声)

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com


「コンビニ発祥の地」を掲げる記念プレートはどうなるのか気になります。とにもかくにも、45年という長きにわたって愛され続けたお店の閉店は寂しいですね。こういう出来事があるごとに時代の流れを感じます。



出典:www.asahi.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加