遺伝子がうまいと叫ぶ!? DNAを元に十人十色のグラスを作るサントリーの企画が興味深い!

mainmain 出典:YouTube


遺伝子がうまいと叫ぶ!?

DNAを元に、十人十色のビールグラスを作るサントリーのプロジェクトが始動。その斬新な内容が話題となっているのでご紹介します!

WS000000_R 出典:YouTube


遺伝子情報を元に作るグラス

プロジェクト名は「Suntory DNA GLASS Project」。簡単に言えば、ひとり一人が持っている遺伝子情報を元に、個々にぴったりの形状のビールグラスを作ってしまおうというもの。

WS000004_R 出典:YouTube

まずは、DNAを採取し、専用の試薬を用いて解析。その後、独自アルゴリズムからグラスの3Dデザインを生成します。そして、3Dプリンティング技術を用いて一人にひとつのグラスを製造。

個々により異なるアルコール分解力の高さや低さに合わせて容量を変えたりするほか、ホップの苦みを感じにくい人には飲み口を薄くし、苦みを際立たせる設計に。また、集団でいることが好きな人は、複雑で遊び心のある形状、一人でいることが好きな人にはシンプルで静的な形状のグラスとするなど、遺伝子に合わせたグラスを提供するそうです。

WS000001_R 出典:YouTube

WS000003_R 出典:YouTube

WS000002_R 出典:YouTube


自分好みの口当たりと香りの広がりを、自分に合った量とペースで、自分らしいデザインで楽しむことができるという… まさに夢のようなグラスですね!

WS000005_R 出典:YouTube

WS000006_R 出典:YouTube


現在、以下のように、プロジェクトの特設サイトや動画が公開されています。自分だけのグラスを作ってみたいと思われる方は多いかと思いますが、今のところ希望者からの応募を受け付けるような窓口は無さそうです。

遺伝子情報を元にして作る世界でひとつだけのグラス。ビール好きの方にとっては気になって仕方ありません!


Suntory DNA GLASS Project


<動画はこちら>
出典:YouTube


出典:youtube / dna.stfi.re

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加