「ありがとう、お母さん」天国に旅立った母への手紙を鉄拳がパラパラ漫画化して、涙腺崩壊

para_01_640 出典:YouTube

天国へと旅立ってしまった自分の家族や大切な人との厚い絆を綴った手紙を一般募集し、それを鉄拳さんがパラパラ漫画化する“「鉄拳」×「つたえたい、心の手紙」”という、冠婚葬祭のサービスを提供する『くらしの友』の企画をみなさんはご存知ですか?

以前「お父さんは愛の人」というタイトルでパラパラ漫画化され大きな話題となり、FUNDOでもご紹介しましたね。

認知症の父が娘へ「ごめん…」鉄拳さんの新作パラパラ漫画に涙する

そして今回は、その新作が公開されました!

天国にいる母への手紙


今回、パラパラ漫画化された手紙は2015年5月1日~10月30日に一般募集し、銀賞に選ばれたものです。まずはその手紙をご覧ください。

『母のサポーター』

父が2000年に倒れてから、少しずつ身体が不自由になる中、母は自分よりも大きな父を一人で背負って、階段の上り下りを一人で担当していました。私が、帰省した際に母に「僕がやるよ」と言っても、母は笑いながら「大丈夫、大丈夫。あんたがぎっくり腰にでもなったら大変だからね」と言って、大きな父を器用に背負って、階段の上り下りをしていました。

そんな母が、父をデイサービスに送り出し、その後、慌てて自転車で買い物に行く時に、信号無視の左折するダンプカーに巻き込まれて、帰らぬ人となりました。

当日の朝、いつものように母に電話して父の様子を尋ねました。母は、「何も変わりがないよ」とのことでした。僕は、母に「父を背負っての階段の上り下りで身体が痛いところはないの。無理しないようにね」と話しました。

母は、いつものように明るい声で、「大丈夫、大丈夫。肩なんか昔から一度も凝ったことがないから大丈夫」と笑っていました。母と話をしたのは、それが最後でした。その3時間後、私が病院にたどり着く前に、母は天国に旅立ってしまいました。

その後、父に母が亡くなったことを伝えたこと、周りの人たちの嘆きや悲しみは忘れることが出来ません。

葬儀が終わり、母の使っていた箪笥の引き出しの一つを開けると、そこには入りきれない様々なサポーターがあふれるようにしまってありました。

その引き出しを持ったまま、私は涙が止まりませんでした。母の辛かったであろうことや、出来損ないの息子としてのふがいなさが身に染みて、引き出しをしまうことも出来ませんでした。母が私にいつも「大丈夫、大丈夫。肩なんか昔から一度も凝ったことがないから大丈夫」と言っていたのは、嘘だったのです。私に心配をかけまいと、肩や膝などの痛みに耐えて、父を背負って階段の上り下りをしていたのです。

私は、そんな母の辛かった状況を理解せず、母の「大丈夫、大丈夫」という言葉を信じていました。本当は、分かっていたのかも知れませんが、遠くに暮らす長男として、何もできないことを母の、「大丈夫、大丈夫」の言葉で安心させて貰っていたのかも知れません。

私が天国に行く時には、母のサポーターが引き出しに山のようにあった話を笑い話として、母の肩のマッサージを一杯一杯、ゆっくりとしてあげようと思います。ありがとう、お母さん。本当に、ありがとう。

出典:kurashinotomo.jp

ヤバイ、泣きそう!本当は肩とか膝とかしんどいはずなのに、息子に心配かけまいと笑顔を絶やさず明るく振る舞うお母さんの優しさがこの手紙が伝わってきますよね。

鉄拳によるパラパラ漫画


手紙を読んだだけでも泣いてしまいそうですが、鉄拳さんの手によって再現されたパラパラ漫画を観ると涙腺がもっと崩壊してしまいますよ!ここからは、そのパラパラ漫画をご紹介します。

この漫画のキーとなるのが、“タンス”

para_04_640 出典:YouTube

お母さんの葬儀が終わって、ふとタンスの引き出しを出して覗いてみると、そのまま吸い込まれ…

para_05_640 出典:YouTube
para_06_640 出典:YouTube

赤ちゃんの頃へタイムスリップ。

para_03_640 出典:YouTube

それからまたタンスの引き出しに吸い込まれていきながら少しずつ成長していき、大学生となった主人公はある日、お父さんが倒れて救急車に運ばれるのを目撃してしまいました。

para_07_640 出典:YouTube

さらに主人公が社会人になると、自分より体の大きいお父さんを介護するお母さんの姿を目の当たりに。

para_08_640 出典:YouTube

主人公が心配して話しかけても、このように笑顔で振る舞うお母さん。

para_10_640 出典:YouTube

この時点でもう泣けてきちゃいますね。

そして、その日がやってきてしまいました…。

para_11_640 出典:YouTube

これで終わりじゃありません。ここまでの回想が終わると、主人公が葬儀後にタンスの引き出しを覗いているシーンに戻るのですが、そこで見たものに思わず胸がアツくなって涙が流れてしまいます。

その最後に注目しつつ、動画を最初からご覧ください!

動画はこちら

出典:YouTube

いかがでしたか?観ている私たちも主人公の気持ちになって、胸が締め付けられる想いになりますよね。そして、お母さんの笑顔や大きな優しさにはいつも脱帽です。

「鉄拳」×「つたえたい、心の手紙」特設サイト



出典:YouTube / kurashinotomo.jp


omiai2
Omiaiの新しい出会いでパートナーを見つけて、でかけてみませんか?【PR】

para_eye01
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加