あいりん地区を元気に! 心無いラクガキではなく、合法的な本気のアートが街をひとつにする!

mainmain_R 出典:camp-fire.jp


心無いラクガキではなく、合法的な本気のアートで街の魅力を高め、街をひとつにしようと試みるプロジェクトをご紹介します!

アートで彩り、みんなが気持ちよく過ごせる街へ

あいりん地区とは、大阪府大阪市西成区の北部で、JR西日本・新今宮駅の南側に位置する地区の愛称。心無いラクガキを書かれるという問題に対して、「ラクガキの上から本気のアートを堂々と描き(許可を得て)、ラクガキや不法投棄の起こりにくい街をつくりたい」という想いで始まったのが、※「西成ウォールアートニッポン(西成WAN)」というプロジェクト。

※総合プロデューサーはSHINGO★西成。アーティストと地域が協力して街へアートを描くことで、西成のイメージ向上と、来訪者の増加を目的としたアートプロジェクト。略称の「WAN」は、「和」や「輪」をイメージ。街がひとつになり、日本全国に広がってほしいという願いが込められているそうです。


186cb50a-8457-499d-aff9-868833044372_R 出典:camp-fire.jp

防犯カメラや明るい街灯で街を監視するよりも、他の地域から西成へのアート鑑賞を目的とした来訪者が増えれば、ラクガキや不法投棄もきっと減る!という考え方が根本にあるそうです。


これまでに2回実施し、多くの子供たちが参加

「西成ウォールアートニッポン」はこれまでに2回実施されており、いずれも地域に住む多くの子供たちが参加され、一緒に絵を描いたそうです。

こちらは1回目の模様。大阪市西成区萩之茶屋1丁目 南海本線西側のブロック塀(高さ2m x長さ25mのブロック塀2面分 合計約100平米)に、ウォールアート『ここから いまから』を描いたそうです。
881de334-a2ed-4e12-8543-d27b1dd7933b_R 出典:camp-fire.jp

そして、こちらが2回目の様子。規模は拡大し、約490平米(高さ7m×長さ70m)の壁に挑戦。西成に日本最大級のウォールアート『アセラズ クサラズ アキラメズ』を完成させました。子供たちが通う通学路の壁だったそうです。

0a4a3369-9fad-42cc-b9e4-d87fa965168b_R 出典:camp-fire.jp

地域の子供たちが楽しく参加できる取組みは素晴らしいですね。
8b00dfbf-1dbb-4675-a911-c10933e0abe7_R 出典:camp-fire.jp

ウォールアートで街も華やかに。
3ca82e32-c97b-4827-af6a-07a51d9e969b_R 出典:camp-fire.jp


<動画はこちら>
出典:YouTube


第3弾は12月中旬からの制作を予定

第3弾の場所は、南海電鉄萩ノ茶屋駅南側で、南海本線高架東側の歩道沿い、高さ約3mで全長130mに及ぶ白いボード(合計約390平米)だそうです。作品制作の具体的な実施時期と参加アーティストは、西成WANのFacebookで告知するそうです。現在、第3弾実施のために必要な支援をクラウドファンディングサイトの「CAMP FIRE」」で呼びかけています。

ちなみに、ラクガキされたブロック塀にアートをぜひ描いてほしいという依頼は何件か寄せられているといい、そうした壁面の所有者には現在、壁面ドナー登録をお願いしているとのこと。プロジェクトでは資金が集まり、続いていく限り、ウォールアートを描いていきたいと誓っています。アーティストと地域の人たちが一体となって描くウォールアートにより、皆が気持ちよく過ごせる街になればいいですね!


詳細は以下でご覧ください。

クラウドファンディングサイト「CAMP FIRE」
西成ウォールアートニッポン



出典:amp-fire.jp / www.facebook.com

main_R
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加