国語辞典編集者が語る「ことばが非常に通じにくい人」の見極め方が興味深い

mainmain 出典:twitter.com


国語辞典編集者が語る「ことばが非常に通じにくい人」の見極め方が、とても興味深いのでご紹介します!

投稿されたのは、国語辞典編集者でありTwitterユーザーの飯間浩明@IIMA_Hiroakiさん。「三省堂国語辞典」の編集委員をされています。

こちらのツイートから始まります。

出典:twitter.com

まずはひとつ目。分かりやすい例から挙げています。

出典:twitter.com

確かに語彙の隔たりが大きいと通じませんね…。

出典:twitter.com

確かに、「あの時、そう言ったよね?」「いや、言っていない」という会話はありがちですね。以下、見解のツイートが続いていきます。

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com


(寄せられていた声)

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com


相手に言葉で何かを伝える難しさを改めて感じます。一方で、言葉の大切さも改めて感じますね!先のツイートで提言されていた「言外の意味辞典」というものがあれば、確かに便利だと思いますし、欲しいですね。



出典:twitter.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加