あの身近なものがガムテープの代わりに!?超便利なライフハックが海外で話題に!

pet_01 出典:Vimeo

コンビニや自動販売機などで買ったペットボトルのドリンクを飲み干したら、みなさんはその後どうしますか?きっと、多くの方がペットボトル専用のゴミ箱に捨てますよね。

海外では、その空になったペットボトルをガムテープなどの代わりになって再利用できるということで話題になっています!

えぇ~、ペットボトルで本当にくっつくの!?ってちょっぴり疑ってしまいますよね。どうやってガムテープなどのように固定するのか早速、ご紹介します!

ペットボトルとドライヤーで!


用意するものは、ペットボトルとドライヤーだけ!

そして、ペットボトルの蓋の部分と一番下の部分は使わないのでハサミやカッターで切ってしまいます。

pet_02 出典:Vimeo

使用するのは、真ん中の部分ですね。ハサミで切れ端を整えたら、準備完了!

pet_03 出典:Vimeo

あとは、このようにくっつけたい物同士のつなぎ目にペットボトルで覆うようにセットし、ドライヤーで温めると…

pet_04 出典:Vimeo

徐々に収縮していって、ピタッとくっつきました!

pet_05 出典:Vimeo

「ペットボトル」と「ドライヤー」という身近なものでくっつけることができるなんて、今まで全くそんな発想はありませんでしたね。

さらに、形の異なるもの同士でもピタッと固定されるんですよ!

pet_06 出典:Vimeo

このようなデコボコしたペットボトルでも大丈夫!

pet_07 出典:Vimeo
pet_08 出典:Vimeo

そして強度はというと、大人が力を込めて引っ張ったり折ろうとしたりしてもビクともしないくらい強いようです。

pet_09 出典:Vimeo

ペットボトルってこんなに万能なのか!なんだか新たな一面を見たような感じがしますね。

ペットボトルとドライヤーで日曜大工!?


そんなペットボトルとドライヤーで、なんと木造の椅子やテーブルなども作れるんですよ~!

このようにペットボトルを挟められるように各素材に切り込みを入れて、

pet_10 出典:Vimeo
pet_11 出典:Vimeo

ドライヤーで固定するだけですね。

pet_12 出典:Vimeo

もちろん、思いっきり体重をかけて乗っても大丈夫です!

pet_13 出典:Vimeo
pet_14 出典:Vimeo

いかがでしたか?椅子などの足が折れた時の修理にペットボトルで固定するのもアリですよね。今度の休みにペットボトルとドライヤーを使って試してみようかなぁ~。

ちなみに今回ご紹介したペットボトルは海外製のものなので、もしかしたら日本に売られているペットボトルではくっつかない場合があるかもしれないのであしからず!

このペットボトルとドライヤーを使ったライフハックを動画で観たいという方はこちらをご覧ください!

<動画はこちら>

出典:Vimeo



出典:Vimeo

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加