まるで宝石箱のよう…自然が創り出した光り輝くガラスの海岸が美しすぎると話題に!

sea_top 出典:Instagram

緑色や水色などカラフルな石が無数に散りばめられているこちらの場所は、ロシアのウラジオストク近郊にあるウスリ湾の海岸。

まるで宝石がたくさん落ちているように見えますが実はこれ、石ではなく「酒瓶」なんです!

そんなガラスだらけの海岸が美しすぎると、海外を中心にいま話題になっています!

自然創り出したガラスビーチ


まずは、通称「ガラスビーチ」と呼ばれているウスリ湾の海岸の様々な姿をご覧ください。

@themexican_sfが投稿した写真

出典:Instagram

酒瓶の欠片とは思えないほど、鋭い角が無くて綺麗ですよね。

出典:Instagram

太陽に当たると、一つ一つがキラキラと光って美しい!

Wendyさん(@windsong76)が投稿した写真

出典:Instagram

ガラスビーチの酒瓶の欠片を拾って、このようにアートにしてみるのもステキですよね。

酒瓶の欠片がたくさんある理由とは?


1922年~1991年、ロシアがソビエト連邦(ソ連)だった時のこと。その時代の人々は、ウォッカやビールそしてワインなどの瓶を割って大量に海の中へ捨てていたそうです。

そして長い月日をかけて太平洋の絶え間ない波が割れた酒瓶を磨き続け、このような丸い石のような形になってウスリ湾の海岸に辿り着いたのだとか。

出典:Instagram

そのような経緯があって、現在の美しいガラスビーチが自然とできたんですね。

Anya Bernさん(@anya_bern)が投稿した写真

出典:Instagram

いかがでしたか?私たち人間が海に物を捨てる行為は良くないですが、それを自然の力がこのように美しいビーチに変えてくれたのかと思うとちょっぴり感動してしまいますね。なんだかウスリ湾のガラスビーチに行ってみたくなっちゃったな~。



出典:Instagram

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加