【速報】ノーベル物理学賞に中村、赤崎、天野氏の日本人3人が受賞決定!青色発光ダイオード開発で

fd141007f0001s (左から中村氏、赤崎氏、天野氏)

10月7日、2014年のノーベル物理学賞が中村修二米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授(60)、赤崎勇名城大教授(85)、天野浩名古屋大教授(54)ら日本人3名が受賞することが決定しました。3名は実用的な青色発光ダイオード(LED)を開発したことが評価されています。日本人の物理学賞受賞は2008年に小林誠さん、益川敏英さんらが受賞して以来で、これで日本のノーベル賞受賞者は22人になりました。


青色発光ダイオードとは?


青色発光ダイオードの登場でLEDは赤、緑とともに光の三原色がそろい用途が拡大され、白熱電球や蛍光灯に代わる白色照明のほか、携帯電話などのディスプレー、交通信号などに広く利用されています。これまでのものと比べ消費電力が少なく、耐久性が高い特長が注目されていました。


赤崎勇氏のコメント

こんな名誉なことはない。これも、今まで私の仕事を支えていただいた名古屋大学、いまお世話になっている名城大学のサポートのおかげと思っています。この場を借りてお礼を申し上げます


中村修二氏

とてもすばらしい経験だ。信じられない



授賞式は12月10日にストックホルムで行われ賞金の800万クローナ(約1億2千万円)は受賞者3人で分けることになるとのことです。


出典:nobelprize.org

fd141007f0001s
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加