亡くなったクジラの胃の中から大量のビニール袋が…海洋ゴミ問題の深刻さが浮き彫りに

main 出典:YouTube


亡くなったクジラの胃の中から大量のビニール袋が… 海洋ゴミ問題の深刻さを改めて痛感させられる映像が話題となっているのでご紹介します。

このクジラが発見されたのは、ノルウェー南西部に位置する海岸。浅瀬を苦しそうに泳いでいるところを発見されたようですが、しばらくすると海面に浮かんで亡くなっていたそうです。


引き揚げられたクジラ。体長は6mほどの大きさ。

WS000001_R 出典:YouTube

クジラを解剖すると、胃の中から大量のビニール袋が発見されたといいます。

WS000004_R 出典:YouTube

こちらが、そのビニール袋。実にさまざまな種類のビニール袋がこれだけ胃の中に…。解剖の結果、クジラの胃の中には食べ物はほとんど入っていなかったといいます。さらに、脂肪層は非常に薄くなっていて痩せていたことが分かったそうです。

WS000002_R 出典:YouTube

WS000003_R 出典:YouTube


一見、ゴミが浮いていないように見える海ですが、その中には今回のように目に見えるゴミのほか、大きさ5mm以下のプラスチック(マイクロプラスチック)など微細な物質が大量に漂っており、その量は推計で最大1300万トンともされています。海水中の有害物質を吸着させる特徴を持つマイクロプラスチックは、生態系への悪影響も懸念されています。

大量のゴミを飲み込んでしまったクジラは、最後は苦しみもがき死んでいったのです。海洋ゴミ問題の深刻さを改めて考えさせられます。


動画はこちら

出典:YouTube


出典:www.youtube.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加