あなたは大丈夫?6割がチャイルドシートの取り付け方を間違っている…致死率は29倍にも

main 出典:YouTube


あなたは大丈夫!?6割がチャイルドシートを間違った取り付け方をしていることが判明し、注意喚起も含めて話題となっているのでご紹介します。

乳児用・幼児用ともに、約6割が間違った方法で取り付けられていた

JAFが昨年11月、全国16箇所の商業施設や動物園などの駐車場において、計425のチャイルドシートの装着状況を調査。その結果、乳児用の60%、幼児用の約60%が、間違った方法でチャイルドシートを取り付けていたことが判明しました。


取り付け方を間違うと、衝撃度がグンとあがってしまいます。事故による衝撃で、チャイルドシートがシートベルトから分離してしまったり、幼児がチャイルドシートから飛び出してしまったり… 正しく取り付けていなければ、本来の機能が発揮できません。

WS000002_R 出典:YouTube

乳児用は「腰ベルトの締め付け不足」が約69%を占め、「席ベルトの通し方の間違い」が約14%だったそうです。腰ベルトの7割が、手で揺するとぐらついてしまい、事故の衝撃には耐えられない状態だったそうです。また、固定金具の誤使用や車のシート座面との不適合などもあったといいます。


間違った取り付け方の場合、致死率は約29倍に…

警察庁の発表によると2014年、チャイルドシートの取り付け方を間違ったまま事故に遭った子どもの重傷率(6歳未満)は、正しく使用した場合と比較して約5倍、致死率にいたっては約29倍にもはね上がることが分かっています。

WS000001_R 出典:YouTube


正しい取り付け方の見直し・実践を徹底して、万が一の事故があった場合に子どもの命を守りましょう!下記の動画と併せて以下のページもご参照ください。

警察庁 子どもを守るチャイルドシート

動画はこちら

出典:YouTube

動画はこちら

出典:YouTube


出典:www.jaf.or.jp / www.npa.go.jp

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加