【知っ得】そうだったのか! いつも気になっていた…牛乳パックのさまざまな表示

01 出典:PhotoAC

スーパーに行けば、ほぼ立ち寄る乳製品売り場。たくさんの種類の牛乳でも迷うのに、その表示方法もいろいろ。今回はそんな迷いを少しでも解消できるように、表示について調べてみました。

まずは抑えたい!生乳と牛乳の違い

生乳・・・乳牛から搾ったままの何も手を加えない乳牛
牛乳・・・生乳を100%使用し、加熱・殺菌されていること


牛乳は大きく分けると3種類、主な表示は6種


1.牛乳だけ

【牛乳】
生乳中の成分の除去や添加をおこなっていない時に表示できる。(乳脂肪分3.0%以上、無脂乳固形分8.0%以上)

無脂乳固形分(牛乳中のたんぱく質+糖質+無機質)が8.0%以上、乳脂肪分(牛乳中の脂肪分)が3.0%以上の成分を有するもの「乳等省令:乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」厚生労働省

〈厳しい基準クリアした、表示3点セット〉
・種類別「牛乳」・生乳100%・成分無調整牛乳

【成分無調整牛乳】
牛乳を製造する工程で、成分を調整していない牛乳。(生乳の成分は乳牛の種類、個体、飼料、地域、季節、泌乳期などにより変動があります)
milk01 出典:IllustAC
【成分調整牛乳】
生乳から水分、乳脂肪分、ミネラルなどの一部を除去し、成分を調整したもの。(無脂乳固形分8.0%以上)
milk02 出典:IllustAC


2.牛乳から脂肪分を除いたもの

milk03 出典:IllustAC
【低脂肪牛乳】
生乳から乳脂肪分の「一部」を除去したもの。(乳脂肪分0.5%以上1.5%以下)
【無脂肪牛乳】
生乳から乳脂肪分を「ほとんど除去」したもの。(乳脂肪分0.5%未満)


3.牛乳(乳製品)+アルファ

【加工乳】
生乳や乳製品に乳製品以外(脱脂乳、脱脂粉乳、濃縮乳、クリーム、バター)を加えたもの。「濃厚」「特濃」と表示される。低脂肪型は乳脂肪分を少なく、脱脂粉乳の使用割合が多くなったもの。(低脂肪牛乳とは製造方法、風味が大きく違います)
butter01 出典:IllustAC
【乳飲料】
生乳や乳製品+乳製品以外(コーヒー、果汁、カルシウム、鉄などのミネラルやビタミン)を加えたもの。大きくは「嗜好タイプ(コーヒーや果汁などを加えたもの)」、「栄養強化タイプ(牛乳を飲むとお腹がごろごろする(乳糖不耐症)人のために、原因となる乳糖を酵素で分解したタイプ)」などがある。
kakou 出典:IllustAC

いかがでしたか?筆者は値段やメーカーで何気なく手に取っていた牛乳。でも、最低限の表示方法を知っていれば、お得な買い物ができるような気がしてきました。

調べると、もっといろんな事がわかってきそうですね。自分の趣向や体調にあわせて購入できるようになると、いつもの買い物がちょっと楽しくなりそうです。



出典:PhotoAC / 出典:IllustAC /

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加