国民的アニメ「サザエさん」東芝のスポンサー降板の噂に対して様々な反響!

main 出典:www.ashinari.com


国民的アニメ「サザエさん」。東芝のスポンサー降板の噂が報じられると、様々な反響が寄せられるなど話題となっているのでご紹介します。

1969年10月にスタートして以来、多くの国民に愛されている「サザエさん」。東芝は1998年まで1社提供。その後もスポンサーを継続中で、東芝という企業のブランドイメージを浸透させる上で、これまで重要な役割を果たしてきました。

そんな東芝が、スポンサーを降板!?という可能性が報じられました。

出典:twitter.com


東芝は2016年4~12月期決算(2017年2月14日発表)の見通しで、米原子力発電事業をめぐる7125億円の巨額損失を計上することで実質的な債務超過に陥っていることを明らかにしました。

その一方で、東芝は半導体事業からスマートフォン向けなどのフラッシュメモリー事業を分社化。新会社の株式の19.9%を売却することで少なくとも2000億円を調達するはずだったといいます。しかし東芝は、「すべての(株式の)売却もあり得る。柔軟に考えている」と話していたそうです。


過去にも降板か否かが注目されるも、その時は継続

東芝の「サザエさん」のスポンサーに関しては2016年3月に白物家電事業を売却し、消費者向け事業を大々的に縮小した際も、降板するかどうかが注目されました。しかし当時は、「東芝のイメージ戦略もあり、継続したい」ということでスポンサーの継続を決断していたといいます。

この問題を受けて、ネット上には多くの反響が寄せられていました。


出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com


国民的番組のスポンサーに関する問題に対しては、多くの関心が寄せられていました。国民の中にもサザエさんのスポンサーといえば東芝のイメージが強いことの証明でもあると思います。

今回の件で、東芝側はスポンサーの降板について否定も肯定もしなかったといいます。経営再建の過程において、間違いなく判断を迫られる大きな項目のひとつ。今後の東芝の動向に注目です。



出典:www.j-cast.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加