7歳の少女が「Googleのボスへ 将来ここで働きたい」と送ったら本物のCEOから返事がきた

C49tCN9WMAA_N2o_R 出典:twitter
7歳の少女”クロエ”ちゃんがGoogleの社長に手紙を書いてみたところ、CEOの”サンダー・ピチャイ”氏から直接返事が来たと話題になっています。

”Andy Bridgewater”さんの娘”クロエ”ちゃんは、パパにGoogleの話を聞き、将来Googleで働きたいと思いました。そこで、パパからとりあえず手紙を書いてみたら?とアドバイスをもらい、手紙を書いてみることにしたのです。すると、なんとCEOの”サンダー・ピチャイ”氏から直接返信の手紙が送られてきたのです!これには父の”Andy Bridgewater”さんはビックリ!手紙をネット上に公開したのでした。

CEOからの手紙

CEOからの手紙の内容を見ると、クロエちゃんの手紙の内容をちゃんと読んでから送ってくれたことが分かります。
C4k_mSSWYAE0cS1_R 出典:twitter

手紙をありがとう。 私はあなたがコンピュータやロボットが好きでいてくれて嬉しいです。そして、テクノロジーについて学び続けることを願っています。
あなたが頑張って夢を追い続けていれば、Googleで仕事することも、水泳でオリンピック出場も、あなたが心に留めているすべてのことを達成することができます。
学校を卒業したら、あなたの応募を楽しみにしています!:)
あなたとあなたの家族に愛を込めて。


クロエちゃんは、手紙に「Googleで働きたいこと」のほかにも様々なことを手紙に記しました。「水泳をやっていて将来はオリンピックに出たいと思っている」「コンピューターやロボットに興味がある事」「Googleの社内にある、ビーズクッション、滑り台、ゴーカートが魅力的」「学校では計算が上手だと褒められている」等の情報を書き記し”Googleのボスへ”と手紙を出したのでした。

この、普通ではあまり書かないような事まで書いた手紙がCEOの”サンダー・ピチャイ”氏の目に留まり、直接返事をもらえたのですね!

このニュースは世界中のメディアに取り上げられ、”クロエちゃん”「googlegirl」 として一躍有名人となりました!

自分の夢に対し、実際の行動を起こすという事は大切ですね!7歳でこの事に気づけた”クロエちゃん”はとってもラッキーかもしれませんね!今後、着実に夢を実現していくことでしょう!


出典:twitter / bbc.com

C4k_mSSWYAE0cS1(1)
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加