“約2000年前に作られたとされる謎の地上絵”がアマゾンで見つかる! その数450以上

main 出典:ja.wikipedia.org


“約2000年前に作られたとされる謎の地上絵”がアマゾンで発見されて話題となっています!しかも、その数は450以上にもおよぶといいます。

発見場所はブラジルの北西部に位置するアクレ州の密林。近年すすんでいる森林伐採の状況を、上空から撮影した写真の中から見つかったそうです。

出典:twitter.com

謎のサークルが目立ちますが、このほかに四角い絵などもあり、その数は全部で450以上にも及ぶとのこと。ブラジル・サンパウロ大学の研究チームが調査にあたっており、これらの絵が今から2000年以上も前のものになると分かったそうです。

Amazon_Manaus_forest 出典:ja.wikipedia.org


また、研究チームは、これらの地上絵が発見された周辺に土器などが発見されていないことを踏まえ、ここがかつて村だった可能性は低いとしています。いずれにせよ、何を動機に描かれたものなのか…その理由はまだ判明していないといいます。

同研究チームのジェニファー・ワトリング博士は「大昔の先住民がこの一帯の森林を管理(森林を伐採して地上絵を描いた)していた証拠を見つけたけれども、これは現在推進されている森林伐採を正当化するものではない」としています。


いったい何を目的として作られたものなのか。今後の解明に注目が集まります。



出典:www.exeter.ac.uk / ja.wikipedia.org / twitter.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加