黒いスーツで代用するのはアリ?スーツと喪服の違いは分かる

WS000004_R 出典:YouTube
黒のスーツの喪服の違い、あなたは分かりますか?並べてみると違いが分かります。この画像の向かって左の男性が着ているのが黒のスーツ、もう一方の方は着ているのが喪服です。このように並ぶと色の違いが分かってしまいます。生で見た場合はもっとはっきりと違いが分かるはずです。喪服は持っていないという人も結構多いと思いますが、1着は喪服も持っていた方がいいのかもしれませんね。

黒スーツと喪服の違い

喪服専門通販サイト「MONOIR(モノワール)」さんがアップしている動画では、喪服とスーツの色の違いを紹介しています。

▼近くで見るとより違いが分かります。
WS000002_R 出典:YouTube

▼もっと近くで見ると、黒スーツはグレーに見えてしまいます。
WS000005_R 出典:YouTube

<動画はこちら>


黒スーツと喪服の違い

ビジネスの場で使用する黒のスーツと喪服との違いをご紹介いたします。

喪服の生地は、濃染加工といって

■染色の時間
■染色の回数
■染料の種類

にこだわることにより、深い黒を表現しております。

ですので、黒のスーツと喪服とを比べると、どうしても黒のスーツがグレーのように見えてしまいます。喪服を着用された方が集まる悲しみの席では、1人だけ浮いてしまう結果になりますので、黒のスーツで代用することは控えられた方がいいでしょう。

実は喪服は黒が濃く作られているんですね。意外と知られていない事実ではないでしょうか?黒のスーツで代用するという事は意外と多いと思いますが、思いとは裏腹に失礼に値してしまう場合もあるかもしれませんので、喪服が相応しい場合にはちゃんと喪服を着ることがベターなようですね。


出典:youtube

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加