安楽死寸前の犬がお気に入りのゾウのぬいぐるみを咥えて待つ姿に心打たれる

17098424_802253856598627_5910832347403895030_n_R 出典:facebook
ゾウのぬいぐるみと一緒に写る犬は「スモーキー」という名の犬です。彼は、2月14日にアメリカ・オハイヨ州の
Franklin County Dog Shelter & Adoption Center(フランクリン郡の犬シェルター)に連れ込まれました。元の飼い主は家を失ってしまい、やむなくシェルターへ連れてこられてしまいました。その時に、ずっと一緒に居たゾウのぬいぐるみも一緒に持ち込まれ、スモーキーはずっとゾウのぬいぐるみと一緒に過ごしていたそうで、シェルターでもゾウのぬいぐるみと一緒に貰ってくれる里親の登場を待っていたのですが、なかなか引き取り手は現れず、遂には安楽死の日が決定してしまうのでした・・・。

ゾウの奇跡

シェ‐ルターではスモーキーは元気がなく、親友のゾウと一緒に過ごしていました。慣れない環境で知らない人に愛想よくできないスモーキーとゾウの里親はなかなか見つかりません。
17103346_802253883265291_938398480901041284_n_R 出典:facebook

そして、遂には3月に安楽死させられるリストに入れられてしまいました。
17103482_802253873265292_6706492475086161707_n_R 出典:facebook
安楽死も迫った2月28日、奇跡は起きたのでした!近隣の動物保護団体「I Have A Dream Rescue Organization」の2人の職員が別の犬を引き取りに来たところ、スモーキーがゾウのぬいぐるみを咥えているのを見て一目惚れ!スモーキーも一緒に施設に連れ帰ることを決めたのでした!

ゾウのぬいぐるみのお陰で、安楽死を免れたスモーキーは、現在「I Have A Dream Rescue Organization」で生活をしています。以前よりものびのびして元気になったそうです。
17098424_802253856598627_5910832347403895030_n_R 保護施設では、スモーキーの元飼い主が迎えに来てくれるまで保護施設で保護していくと決定したそうです。もし、元飼い主がまたスモーキーを迎えに来れない場合は里親に引き渡すそうですが、現在スモーキーには多くの里親立候補が来ているそうです。スモーキーとゾウのぬいぐるみが、早く元の飼い主のところに帰れるといいですね!

今回、スモーキーはラッキーなことに安楽死を免れましたが、このようなニュースにならない裏では多くの動物たちが殺処分という残酷な最期を迎えている事実もあります。ぜひ、皆さんそういった触れられない事実もあることを知ってください。そして、皆さんの意識が変われば確実に殺処分をなくすことが出来るはずです。ペットたちの殺処分が無くなる日が来ることを願います。

ペット殺処分0へ向けて知ってほしい過去記事

「全国に広まってほしい」神奈川県が“犬と猫の殺処分ゼロ”を2年連続で達成!

「殺処分ゼロへ」NPOが広島の殺処分対象となった犬を全頭引取へ

「千代田区」が“猫の殺処分ゼロ”を継続中!共生をめざす素晴らしい取組みだと話題に

「ある犬のおはなし」殺処分をなくすために読んで欲しい絵本

殺処分ゼロを願って作られた絵本「ある犬のおはなし」が書籍化!その裏に隠された作者の思いとは

「ペット殺処分年間16万頭という現状を変えたい」浅田美代子、長澤まさみら豪華有名人らが訴える


出典:facebook / thedodo.com

17103346_802253883265291_938398480901041284_n_R
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加