“梅のお寺”として親しまれる福島県・専称寺の「梅」が見頃に! 威厳ある建物と梅のコラボは必見!

main 出典:facebook


“梅のお寺”として親しまれる福島県・専称寺の「梅」が見頃を迎えており、梅の限定公開が行われるようです!


“梅のお寺”と言われるのは、境内に約500本の梅があり、東北地方の梅の名所としても知られている、福島県いわき市にある浄土宗のお寺「専称寺」。かつては浄土宗名越派の惣本山として、僧侶の修行も行われていたといいます。

WS000000_R 出典:facebook

総門・本堂・庫裏(くり)は国指定重要文化財に指定されており、威厳のある雰囲気を醸し出しています。


出典:facebook

境内にある白梅や紅梅は例年3月中旬から下旬にかけて見頃を迎えるとのこと。満開時には山一面に咲き誇るそうで、梅のいい香りに包まれるそうです。威厳のある国指定重要文化財の建物と梅の花とのコラボレーションが好評とのこと。


3月25日(土)26日(日)に限定公開

現在は震災からの災害復旧工事中のため、普段は境内への立ち入りが禁止となっているそうですが、専称寺 梅の限定公開が3月25日(土)26日(日)10:00~16:00に行われるそうです。普段は観梅できない状態になっており、貴重な梅が観覧できるのはこの期間だけになります。

※総門・本堂等、修復現場の公開事業ではないため、くれぐれも工事現場には入らないようにとのこと。


出典:facebook


満開の梅が春の訪れを感じさせてくれますね!専称寺の情報は梅の観覧なども含め、以下で随時更新されていますのでチェックしてみてください!

福島県いわきの専称寺 ツイッター
福島県いわきの専称寺 フェイスブック




出典:twitter.com / www.facebook.com

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加