【オリオン座流星群】22日深夜0時に南東の夜空を見上げて流れ星を見よう!

fd141021c001 10月21日の深夜(22日0時から4時)にピークを迎える“オリオン座流星群”。好条件が揃えば1時間に20個もの流れ星を見ることができます!


オリオン座流星群を見るポイント

どうせ見るなら、できるだけ良い条件の方がGood!事前にオリオン座流星群を見るポイントを予習し最善の状態で臨みましょう!

■場所
周りが明るいと流れ星も見えにくいです。灯りがなく近くに建物もなく見渡しが良い場所がベストです。


■時間帯
最も見頃なのは10月22日午前0時から午前4時がおすすめです。


■方角
東から南東にかけて見える「オリオン座」を探し、頭の上にある放射点を中心に全体を眺めます。地平線からは30度から45度の高さが良いでしょう。

当日のシミュレーション映像を予め見ておおよその位置を確認してみてください。


お天気は全国的に雲が多く好条件とは言えないようです。22日0時からを逃したとしても23日以降も今月中はオリオン座流星群を見えるチャンスがあります。深夜は気温も下がるのであまり無理せずチャレンジしてみてください!


<おまけ>
2012年に岡山で撮影されたオリオン座流星群


出典:the conversation

fd141021c003s
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加