「これ以上のプレゼントはない」16歳の誕生日に祖父がくれた3冊のノートに涙

main 出典:twitter


「これ以上のプレゼントはない」「こんなのもらったら泣くにきまっている」

16歳の誕生日におじいちゃんがくれた3冊のノート。Twitterに投稿された思いがけないプレゼントに多くの感動の声が集まるなど話題となっています。


投稿されたのは、16歳の誕生日を迎えたローレンさんという女性。このようなコメントを添えて、3冊のノートの写真を公開します。

「誕生日に、おじいちゃんが3冊のノートをくれたの。2歳から5歳の頃の私が、おじいちゃんと一緒に過ごした日々のことを書いてあるんだって。感動して言葉が出ないわ」


出典:twitter

1_R 出典:twitter

「ローレン。いつの日か、君に楽しく読んでもらえるように日々の記録を書き始めたよ。君と僕の思い出になるように」。2003年2月16日、ローレンさんが2歳の時に書き始めたことが分かります。

2_R 出典:twitter

「LAUREN BOOK」と記されたノート。それぞれ番号がふられており、中にはびっしりと思い出がつづられています。2歳から5歳の時におじいちゃんと遊んだ記憶。皆さんは覚えていますか?断片的に情景が浮かんだとしても、はっきりと覚えていることはなかなか無いのではないでしょうか。

3_R 出典:twitter

4_R 出典:twitter


16歳になって物事を深く考えられるようになった今、ローレンさんはおじいちゃんと過ごした日々をどんな気持ちで読んでいたのでしょうか。こんなに愛情がつまったプレゼントをもらったらたまりませんね!



出典:twitter

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加