ここまでやるか!? 自宅の部屋を“国鉄の車両のように改装した部屋”に大反響!

main 出典:twitter


「ここまでやるか!?」「意味が分からないほど行きすぎてて最高です」

自宅の部屋を“国鉄の車両のように改装した部屋”が公開され、大きな反響を呼んでいるのでご紹介します!


自宅の部屋と言われなければ、車内にしか見えないこの光景。投稿されたのは、Twitterユーザーのびびっ!(+。+)@igaigaadjmadjmlさん。こちらが話題の発端となったツイートです。

出典:twitter

趣味も行き着くとこまで行き着くと…とのコメントを添え、投稿されているのはまるで車両の中。かなり忠実に再現されているかと思われます。

客室として使用している6畳の部屋を改装し、スハフ12形の車両室を再現したとのこと。この驚きのクオリティに対して、多くの反響が寄せられていました。


出典:twitter

こちらは以前つくられたという485系。もはや家の中ではないですね。アナウンスが流れ、今にも発車しそうです。

1_R 出典:twitter

2_R 出典:twitter

3_R 出典:twitter

出典:twitter

出典:twitter

出典:twitter


なんと、客車の解体の折に自身の手で天井、窓から壁に至るまで必要なものは全てもぎ取ってきたとのことで、その結果、床以外は本物だそうです。こだわりがスゴイ…。


工事中の写真も公開

どうしても信じられない方もいらっしゃるようで…とのことから、以下の写真も投稿されています。工事中の様子だそうです。

出典:twitter

a_R 出典:twitter

b_R 出典:twitter


かなり大がかりになることは想像がついていましたが、実際に見せられると改めてそのすごさが分かります。一体何がびびっ!(+。+)@igaigaadjmadjmlさんの気持ちを突き動かすのでしょうか。

出典:twitter

出典:twitter


今後も再現度100%を目指し、さまざまな工夫がなされていくのだろうと思われます。愛と情熱を感じてやみません…!



出典:twitter

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加