今日から実践!絵や漫画、企画書でも使える『量産脳』をつくる方法が目からウロコ!

main 出典:twitter@b0mb00


『量産脳』を鍛える。この図を作成されたのは、天野 雀@b0mb00さん。天野さんは漫画を執筆していますが、その時に実践している方法を公開されました。図は、絵とわかりやすい説明で作成されていて、これでとてもカンタンにアイデア出しが出来るかも!と話題になっていたのでご紹介します。


準備する


用意するものは誰でも気軽に手に入るもの。だから揃えるだけで、何となく出来るような気がしてきますね。
01 出典:twitter@b0mb00


絵を描く


何でもいいから描いてみる。ことが大事なんですね。
02 出典:twitter@b0mb00


企画・案出し


思いついたワードをかく、という方法は思いつきませんでした。

03 出典:twitter@b0mb00


ポイント


気に入ったものだけ描く、そう言われると気持ちが楽になりますね。
04 出典:twitter@b0mb00

また、案だしで気持ちよくなって、気付いたら、作り込んでしまってるという事にならないようにしなければなりませんね。それもアリ!?


ノートを使う目安(時間)


【質問】ノート一冊、何時間で使いますか?

出典:twitter@otohara


【回答】絵なら1日で1冊、漫画なら2〜3日で1冊(大体2〜4時間)

出典:twitter@b0mb00


基本のルールは?


【質問】

出典:twitter@awa21555697


【回答】基本はノールールで。

出典:twitter@b0mb00


ストーリー(ネタ)はどこまでかく?


【質問】最後のページまでストーリーを書くんですか?

出典:twitter@VNACD9Y1JcdxZ9Y


【回答】僕は基本1ページ1ストーリーです。

出典:twitter@b0mb00


早速、やってみよう!


なんか、私もできそうな気がしてきました。

出典:twitter@Hushibi112


たしかに!

出典:twitter@paxnoxixi


他の分野にも応用できそうですね。

出典:twitter@ayano0406yori


いかがでしたか?天野さんのイラストと説明がとても分かりやすく、自分でもできそうな気がしてきました。ただ、この単純作業を続けていくことが大変なゆえ、続けることがとても大事なものになっていくんでしょうね。ご興味のある方はぜひ天野さんのtwitterをご覧ください。




出典:twitter@b0mb00 / 出典:twitter@otohara / 出典:twitter@awa21555697 / 出典:twitter@VNACD9Y1JcdxZ9Y / 出典:twitter@Hushibi112 / 出典:twitter@paxnoxixi / 出典:twitter@ayano0406yori

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加