ムスリム旅行客の増加を受け、東京駅構内に「祈祷室」設置へ…JR東日本では初

main 出典:twitter


ムスリム旅行客の増加を受け、東京駅構内に「祈祷室」を設置することが発表され、話題となっているのでご紹介します。これまで羽田空港など設置されている場所は国内にいくつかありましたが、JR東日本グループでは初だといいます。

出典:twitter


今後も増加が見込まれるイスラム教徒の外国人旅行者のため

イスラム教徒が多い東南アジアのインドネシアやマレーシアから日本を訪れる外国人旅行者は去年、前年に比べて約30%増加しているとされ、今後も増加が見込まれているといいます。

そこでJR東日本は6月5日より、イスラム教徒による礼拝専用の部屋を東京駅の構内に設けることになったそうです。


こちらは設置予定箇所。JR東⽇本訪⽇旅⾏センター(JR EAST Travel Service Center)内。

WS000001_R 出典:JR東日本リリース

祈祷室(Prayer Room)のイメージ。

WS000000_R 出典:JR東日本リリース

部屋は定員2名ほどの8平方メートルの大きさ。礼拝の前に手や足を清めるための「⼩浄施設」が設置されるとのことで、インターフォンで知らせると係員が扉を開錠するそうです。


既に設置されている場所

礼拝を行う部屋は、羽田空港や成田空港などにはすでに設置されているほか、JR西日本も大阪駅につながる商業施設の中に設けています。

出典:twitter

出典:twitter

出典:twitter


羽田や成田に設置されていることは知っていましたが、大阪駅にもあったのですね。今回、東京駅に設置される祈祷室は、宗教・宗派を問わず利用できる施設として運⽤していくとのことです。



出典:nhk / JR東日本リリース

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加