レールの代わりに白線!?中国が開発した新型公共交通機関が凄い!

WS000004_R 出典:YouTube
中国の鉄道車両メーカーの「中国中車」が、新しい新型交通車両を発表し話題となっています!

新型の車両は「ART(Autonomous Rail Rapid Transit)」と呼ばれる方式のもので、路面電車とバスの中間のような存在となっています。路面電車のような存在なのですが、レールも電線も必要なく、白線の上をゴム製のタイヤで自動運転するというものらしく、「中国中車」ではこれを「スマートバス」と呼ぶそうです。

WS000003_R 出典:YouTube

▼実際に街を走る時のイメージ
WS000006_R 出典:YouTube
最高時速は70キロで、電車のように連結が出来るので、バスよりも輸送能力は高く、レールや電線などのインフラも必要ないので、コスト面では路面電車より大幅にカットできるということです。

運転もコンピュータ制御で、無人運転が可能。道路を走れる”ゆりかもめ”のようなイメージですね。車両は充電式で、動力は電気です。

▼車両内部
WS000005_R 出典:YouTube

▼かなりスマートなボディ
WS000007_R 出典:YouTube

▼線路の代わりに、道路上に描かれた白線を認識してその上を進んでいきます。
WS000008_R 出典:YouTube
来年2018年には珠洲市で約6.5㎞の距離の操業開始が予定されており、早くも注目を集めています!安全性と有効性が確認されれば、世界でも同様の車両が登場するかもしれませんね。


出典:youtube

WS000004_R(1)
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加