【トリビア】「パイレーツ・オブ・カリビアン」好きへの挑戦状!あなたはいくつ知っていますか?

pirates1r (C)Disney

シリーズ6年ぶりとなる最新作「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」が2017年7月1日(土)ついに公開されます!

世界中に多くのファンを持つ大人気作品で、10年も続いている大人気シリーズだが、実は知ると驚くトリビアネタがたくさんあるようです。

あんな有名人がチョイ役で出演していたり、作中にディズニーならではの隠しネタが入れられていたり…。ジャックスパロウ旋風が吹き荒れる今、つい人に言いたくなるパイレーツ・トリビアネタをここで一挙に紹介します!


「パイレーツ・オブ・カリビアン」トリビア一挙紹介!


ラゲッティとピンテルのモデルはスター・ウォーズのR2-D2とC-3PO


第1作で、アステカの金貨によって呪われ、満たされる事のない欲望と死ねない身体になり、バルボッサの配下としてジャック・スパロウ達と戦った、ラゲッティとピンテルの2人。

ジャックからは「ノッポとチビ」と呼ばれる。ラゲッティは右目が木製義眼の海賊で、ピンテルは頭の剥げた髭面の風貌の海賊。性格的にはR2-D2とC-3POのモデルとなった『隠し砦の三悪人』の太平と又七に近い。

言われてみれば確かにそう見えます。

ディズニー映画としては初めてPG-13指定されている

pirates2r (C)Disney

アメリカの基準でPG-13指定とは、「13歳未満の鑑賞には、保護者の強い同意が必要」という意味。ディズニー映画は確かに珍しいですね。


シリーズ3作目「ワールドエンド」の製作費は映画製作費ランキングで1位

pirates3r (C)Disney

シリーズ3作目「ワールドエンド」制作に費やした3億3,200万ドル(約332億円)が映画製作費ランキングで歴代1位に。製作期間中に続出したトラブルも製作費高騰の一因になったとか。

しかし、興行収入は世界中で9億6,000万ドル(約960億円)以上を記録しており、結果的には大成功。ちなみに2位は2億8,600万ドル(約286億円)の「タイタニック」と「スパイダーマン」である。

とんでもない制作費ですね。邦画の場合は2001年に公開されたフル3DCG映画「ファイナルファンタジー」で約157億円だったそうです。

デイヴィー・ジョーンズとその部下は全部CGで表現されている


pirates4r (C)Disney

あのお髭のリアルな動きはすごかった!

ジャックの拳銃は18世紀に製作された本物

pirates5r (C)Disney

1発しか弾のないあの拳銃です。他はレプリカなんですね。

ローリング・ストーンズのキース・リチャーズが出演

pirates6r (C)Disney

ジャックの父のキャプテン・ティーグ役として、ローリング・ストーンズのキース・リチャーズが出演。ジョニー・デップとは元々ギター仲間として親交があった。ジョニー・デップは「私のギャラを削ってでもキースと共演したい」と言っていたという。他のメンバーも終盤一緒にキースの海賊仲間としてカメオ出演する予定だったが、台本の都合で出演できなかった。

主人公のジャック・スパロウ船長はキース・リチャーズをイメージして演じたと、ジョニー・デップ本人が語っているそうです。


ジャックのバンダナからアディダスのマークがのぞいているシーンがある

pirates7r (C)Disney

このシーンは話題になりました。


ペネロペ・クルスの代役として実の妹が出演

pirates8r (C)Disney

シリーズ4作目「生命の泉」撮影時、ペネロペは当時妊娠5ヶ月。

製作関係者が想像していたより早くお腹が目立ち始めたため、急遽、体の代役として、ペネロペにそっくりだと評判のモニカ・クルスが姉に代わってカメラの前に立つことに決まったという。上半身と顔はペネロペの映像になり、遠くからの全身映像はモニカの体が使われた。

このシーンはさすがにペネロペ本人ですが、遠くからのシーンは妹さんだったんですね。


日本人俳優も出演している。


pirates9r (C)Disney

シリーズ4作目「生命の泉」で、黒ひげの部下のガーヘン役として、日本人の松崎悠希さんが出演した。

松崎悠希さんは、『ラストサムライ』や『硫黄島からの手紙』などにも出演されています。


最新作「最後の海賊」のロケでは、「ハーシャル(Herschl)」という映画名で撮影を行っていた


パイレーツ・オブ・カリビアンのファンに撮影を邪魔されないよう、ロケ地では「ハーシャル(Herschl)」という映画名で撮影を行っていた。

それほど大人気な映画ということですね。


ジョニー・デップはスタッフ500人に防寒コートをプレゼント


シリーズ4作目「生命の泉」で、コートをプレゼントされたスタッフは「この気遣いこそジョニーがハリウッドでいい男と言われる所以さ」と述べた。

さすがハリウッドスターの逸話は、桁が違います。


いかがでしたでしょうか?

そんなの全部知っているよというパイレーツ・オブ・カリビアン大好きっ子さんもいらっしゃいましたか?

過去の作品で復習してから最新作を見たいという方は、動画・映像配信サービスdTVで、なんと「パイレーツ・オブ・カリビアン」全作公開中です!

月額500円で見放題なので、期間中に全作イッキ見もありかも。

動画を見るならdTV

pirates1s
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加