いま戦国時代じゃないよね!? 甲冑を着てラーメンを作る夢を実現したラーメン屋が話題に!!

main 出典:atpress


「おいおい、ものすごいインパクトだな」「暑くないのかな…」

甲冑を着てラーメンを作るという夢を実現!!武士がもてなす札幌のラーメン屋が話題になっているのでご紹介します!


インパクト抜群のこの姿。ラーメン屋に甲胄を着用した職人がいるなんて…。

img_130650_1_R 出典:atpress


こちらは、北海道札幌市にある「らーめん兜」の光景。らーめん兜は、2013年8月に札幌らーめんの激戦区、札幌市南区に1号店をオープンし、2017年1月には札幌市中央区に2号店をオープンしたそうです。


甲冑を着てラーメンを作る!という夢

同店の代表が戦国好きということから、会社名が株式会社サムライ、店舗名がらーめん兜。さらには、「甲冑を着てラーメンを作る!」という夢をオープン当初から抱いていたといいます。

img_130650_3_R 出典:atpress


日本に数名しかいない甲冑師と提携

普通に考えれば、ただでさえ熱気のある厨房で重い甲胄を着用することは現実的ではありません。しかし、代表の熱い想いはおさまらず、日本に数名しかいない甲冑師に依頼。甲冑師の方は「今まで色々な依頼がきたが、そんな依頼は初めてだ!面白そうだから乗りましょう」と快く引き受けてくれたそうです。

ドラマなどに出てくるアルミ製の甲冑で重量の問題をクリアするなど、試行錯誤を重ねて約4年間の年月を経て完成させたそうです。

img_130650_4_R 出典:atpress

また、甲冑のデザインは同店のイメージキャラクター「かぶとん」がモデルになっているとのこと。キャラクターの名前は、兜と同店がとんこつらーめんのお店であることにちなみ「かぶとん」と名付けられたそうです。

img_130650_2_R 出典:atpress


こだわりの味噌、道産素材を使用し、あっさりとこってりが両立した極上の豚骨白湯スープが自慢。

出典:instagram


夏季限定の冷やしラーメンも美味しそうです。

出典:instagram


外国人のお客さんも多いとのことで、甲冑姿に「ジャパニーズサムライ!!」と盛り上がって喜ばれているそうです。

同地域の方はもちろん、旅行や出張など、札幌を訪れる機会のある方はぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか!?美味しいラーメンを味わいつつも、戦国時代にタイムスリップできそうです。

らーめん兜 WEBサイト
らーめん兜 Twitter


出典:atpress / kabto

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加