天才だな!! 2才児の発想にちょっと嫉妬…プラレールで広がるのは線路だけではなかった!!

main 出典:Twiter@wada_yutaka


「子どもって、遊びの天才!」「物理わかってる。」「素晴らし過ぎて、何度も見てしまいます。」

子どもに大人気のおもちゃ、「プラレール」。今もプラレールをひいて家中を電車の世界にしたいと考える大人も多いのではないでしょうか?実は筆者もその1人です。

今回、そのプラレールで意外な世界を創り上げた2才児の発想にちょっと嫉妬。プラレールで広がるのは線路だけではなかった!と話題になっているのでご紹介します。


この投稿をされたのはTwiterユーザーの和田 豊‏ @wada_yutakaさん。工学部で准教授をされているお父さんを唸らせた息子さんの発想をご覧ください。

出典:Twiter@wada_yutaka


筆者も子どもの頃はプラレールにハマりましたが、こういう遊びは思いつきませんでした。トーマスとあきたこまちの速度の違う車体を1つのレールで走らせるなんて!!時代のせいにしたいですが、最近の子どもは頭の良い子が増えているなぁと、大人気なく嫉妬してしまいました。


出典:Twiter@arex0624

ほんとに、その柔らかい発想が羨ましいですね。

出典:Twiter@tel_lus

遊びの天才ですね。

出典:Twiter@hongkm1976

モデルを再現しているのか、列車に速度差がつけられているのも凄いですね。

出典:Twiter@oteate

イニシャルD、懐かしいですね。2歳の子どもがイニシャルD…ますます嫉妬します。

出典:Twiter@kiyoshinito

行くしか無いですね。

出典:Twiter@6dOse

絶妙なタイミングで聞こえてくる子どもの声も可愛いですよね。

出典:Twiter@gekikarapanda

こればかりは…


タカラトミーの「プラレール」より、対象年齢が少し上の「プラレールアドバンス」という商品があり、1つのレールで2列車走れるようになっています。これをプラレールでやる発想は凄いと思います。この商品を知ってたかどうかは関係ありませんが、子どもの柔らかい頭は凄いなぁと思います。


筆者は、あまり子どもをおもちゃ売り場に連れていきたくないと考えていましたが、子どものうちにたくさん見たり聞いたりしておくことは大切ですね。

和田 豊‏ @wada_yutakaさんの息子さん、現在は新幹線やトーマス、機関車などの乗り物にハマっているようです。何より「好きこそものの上手なれ」ですね!



出典:Twiter@wada_yutaka

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加