【動画】大きいものは直径約1400km 木星の台風は超巨大!! NASAの探査機による観測

main 出典:YouTube


木星の台風は超巨大!大きいものは直径約1400kmにもおよぶといいます。そんな木星の台風をとらえた映像をご紹介します。


木星といえば、太陽系の中で大きさと質量が最大の惑星。以前、FunDoでは地球のものよりもはるかに大きい! “木星のオーロラ”の映像が公開されて話題に!という記事でもご紹介しましたが、とにかく木星は大きさも自然現象もそのスケールの大きさが地球の比ではありません。


木星のしま模様はアンモニアの氷の雲。

fafawdawda_R 出典:Wikipedia


そんな木星の赤道付近で、大規模な対流活動が生じていることをNASAの無人探査機ジュノーが今年の2月に観測しています(木星の極から4,200kmの上空を通過)。渦のようなものが見えると思いますが、それが台風になります。

WS000000_R 出典:YouTube


南極や北極の周辺において台風のような渦が数多く発生。特に大きいものは直径約1400kmに達していたといいます。

探査機のジュノーが木星に接近して以来、木星のさまざまなデータを収集。木星がつくられた過程などを分析するために役立てられているといいます。木星のしま模様を形成しているアンモニアの対流については、これまで数十kmの深さまでと想定されていましたが、観測の結果、深さ100kmを超えることが判明しています。


今後も太陽系最大の惑星・木星の謎が解き明かされていくと考えると、ワクワクしてきますね。


動画はこちら

出典:YouTube



出典:youtube

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加