愚痴に対しての”男女の違い”がよくわかるマンガが話題に!

3-vert_R 出典:twitter
何かモヤモヤがある時、人は身近な人に愚痴を聞いて欲しくなりますよね。しかし、その”愚痴を聞いて欲しい”という事には男女で大きな違いがあり、そのズレから更に男女間での軋轢を生むなんてことは珍しくないですよね!

そんな、愚痴に対しての男女の違いを分かりやすく表した漫画がTwitterで話題となっています。マンガ家の”さわぐちけいすけ”さんが、実際の夫婦間でよくある感じを漫画に描き、Twitterに投稿し、「わかるわかる」と共感を集めています。


▼妻(女性)の場合
DF-GBxiUIAA2Yjp_R出典:twitter
この時、奥さんはしっかり男女の違いを理解して「解決策の提案なしで」と最初に告げているのがいいですね!これ言われてないと、男はついついいろんな提案をしてしまいがちですよね。

▼夫(男性)の場合
DF-GED0VwAE8IuE_R 出典:twitter
これ、すごくわかります!自分の中で整理して相手に話していると、整理されたことにより、解決策が思いついたり、「あっそういう事だったのか!」と閃いて解決しちゃうことって結構ありますよね!

そして、ツイートを見た人達からも「わかる」と共感の声が上がっています。


その時々で違いはあると思いますが、女性が愚痴を聞いて欲しい時はただ本当に聞いて同調して欲しいという場合が多く、男性の場合は、聞いて欲しいというよりは相談に乗って欲しいというニュアンスが強い事が多いです。

なので、女性の「愚痴聞いて」は本当に聞いて欲しいだけなので、頻度は多くなります。逆に男性は、自分で悩んだうえで相談した方がいいかもしれないと判断したことのみを話すので、頻度は少ないです。

この男女の違いを理解していれば、女性の愚痴にアドバイスをして変な空気になっちゃう事も避けられますね!

とりあえず、愚痴は話すだけスッキリしたり、自分で解決策が浮かんだりするので、とりあえず話してみるというのは良さそうですね!聞く側も、男女の違いを理解したうえで聞いであげられるといいかもしれませんね!


出典:twitter

cats_R(1)
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加