レオナルド・ダ・ヴィンチの手記570ページが電子化!大英図書館が無料公開!

main 出典:bl.uk


レオナルド・ダ・ヴィンチの手記570ページが電子化!大英図書館が無料で公開していることが話題となっています!


レオナルド・ダ・ヴィンチといえば、「モナ・リザ」の作者としても有名なイタリアのルネサンス期を代表する芸術家。そのほかにも音楽、建築、数学、幾何学、解剖学、生理学、動植物学、天文学など様々な分野に業績を残し、万能人という異名もあります。

sdfsfwsfd_R 出典:Wikipedia


こちらが、今回無料で公開されているダ・ヴィンチの手記。イタリア語で、文字が右から左へと書かれています。当人は左利きであり、インクをこすらないようにするためと考えられています。

こちらは一番最初のページ。同図書館のスタッフは、原稿自体が芸術であり、偉大な作品であると語っています。びっしりと書き込まれた文字と多数の図で構成されています。

WS000000_R 出典:bl.uk


同図書館は、この手記が詳細な観察と実験の記録だとしています。ダ・ヴィンチが実際に実験に着手しなかったとした内容でも、どういう実験をしようとしていたかは解説されているといいます。

WS000003_R 出典:bl.uk


ダ・ヴィンチは、実験で光学と知覚を調べ、なぜ空が青色であるかを説明し、光が有限の速度を持ち直線的に進むと主張し、広視野からの光を受ける目の表面について考察するなど、さまざまな実験を試みました。

fsfs_R 出典:bl.uk


570ページというボリュームの手記について、イギリスの大手一般新聞・ガーディアンは「閲覧するだけで魅力的なアーティファクト(人工遺物)」であり、翻訳なしで楽しむことを提案しています。

興味のある方は、ぜひチェックしてみてください!

レオナルド・ダ・ヴィンチ手記(大英図書館)



出典:bl.uk / boingboing

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加