三大流星群のひとつ「ペルセウス座流星群」が極大に!12日~13日に最も多くの流星

main 出典:nao.ac


間もなく、三大流星群のひとつ「ペルセウス座流星群」が極大を迎えます。12日~13日に最も多くの流星を観測できるとされています。


ペルセウス座流星群は毎年8月12日、13日頃を中心に活動する流星群。1月の「しぶんぎ座流星群」、12月の「ふたご座流星群」とともに「三大流星群」と呼ばれ、条件が良ければ最大で40個以上の流星を見ることができます。

他のふたつの流星群と比べて、観察時の寒さについてあまり心配する必要がないというのも良いですね!

WS000000_R 出典:Youtube


今年は、8月13日4時頃に極大

2017年のペルセウス座流星群は、8月13日4時頃に極大を迎えます。極大とは、観察場所・時刻・月の条件などは考慮せず、流星群自体の活動が最も活発になること、またはその時期のことを言います。

これは日本で観察する上でちょうどよい時刻で、日本での一番の見頃も、12日の夜半頃から13日の明け方頃となる見込みです。しかし、今年は明るい月がずっと出ているため、確認できる流星の数は例年よりやや少ないとされています。

流星が最も多い時に空の暗い場所で観察した場合に、見られる流星は1時間あたり35個程度になると予想されます。


空の広い範囲に注意を向けるように

topics03-s_R 出典:nao.ac

流星群の流星は「放射点」を中心にして放射状に出現します。ただ、放射点のあるペルセウス座付近だけに流星が出現するということではなく、夜空のどこにでも現れます。

例えば、放射点とは反対の方向を見ていても、平均すれば、放射点の方向を見たときと同じ数の流星を見ることができます。そのため、放射点の方向には必要以上にこだわらず、空の広い範囲に目をむけることをおすすめします。


今年は8月12日から13日にかけての夜に最も多くの流星、また、13日から14日にかけての夜もある程度の数の流星が出現するとされています。ぜひお見逃しなく!


動画はこちら

出典:YouTube

動画はこちら

出典:YouTube



出典:nao.ac

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加