認知の方と作る「注文をまちがえる料理店」イベント実現にむけて資金調達中!

main 出典:YouTube

「ハンバーグください!」「ご注文の餃子をどうぞ・・・」

なんて、普通のお店では考えられないことが起こってしまう「注文をまちがえる料理店」。このお店は、その名の通りオーダーや配膳を時々まちがえてしまうレストランです。なぜなら、ホールで働くスタッフは全員認知症の方たちで成り立っています。今年6月に関係者限定でプレオープンし、2日間で約80名の来店がありました。

プレオープンまでに、たくさんの話し合いの中から決めた事があります。

「認知症の方がやりがいのあるイベントにしよう」

「わざとまちがいを誘導するような仕掛けはしない」

「まちがいが起きても、思わず笑顔で許せちゃう雰囲気作りをしよう」

「お店に入る前から気持ちが柔らかくなる看板を作ろう」

「アレルギーの問題・食中毒の問題に徹底して気をつけよう」


・・・そして、いよいよプレオープン当日

かわいい雰囲気の看板。

01 出典:YouTube

間違えても、みんなでフォロー。

02 出典:YouTube

こんなに和やかに料理を持ってきてもらえるだけで、全てが寛容になってしまいそう。

03 出典:YouTube

4年前に認知症といわれ、楽器の演奏すらできなくなった妻と・・・

04 出典:YouTube

ぼちぼちピアノの練習をはじめました。ここでなら思いっきり発表できる。

06 出典:YouTube

諦めず、二人三脚で練習してきたその姿が涙を誘う。

05 出典:YouTube


そんなまちがいや感動が盛り沢山のプレオープンの2日間。イベント後のアンケートでは60%程度なんらかの「まちがい」があったことがわかりました。それでも、9割を超える方が「また来店したい」という結果に。

07 出典:readyfor.jp


認知症の方々の一生懸命な取り組みと、寛容なお客さんに見守られ、2日間の取り組みは、国内外たくさんのメディアに注目されました。普通のお店では問題になることが、ここのお店では不思議に問題にならないのです。

「このプレイベントを、次は関係者だけじゃなく、一般のお客様にも入っていただけるものにしよう」「認知症の理解を日本中に届けよう」と考えるようになりました。

そこで、「世界アルツハイマーデー」がある9月、場所は六本木で、9月16日(土)〜9月18日(祝:敬老の日)3日間のOPENにむけて、協賛を除く全ての金額800万円をクラウドファンディングのReadyforで募集することになりました。オープン当日は座席が一杯になってしまう可能性もありますが、クラウドファンディングで協力された方には、座席の抽選券も入手できるようになっています。期限は8月30日23時まで。

ご興味のある方はぜひ、Readyforのサイトをご覧ください。

こんな取り組みが世の中に増えていくと、年をとる不安が少なくなってきますね。寛容な空間がどんどん広まっていくといいなぁと思います。

動画はこちら



出典:YouTube / 出典:readyfor.jp

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加