意外と知らない人が多い!?点滴は針が血管に入っていると思ったら違っていた!

hari_free_640
点滴の種類やその仕組みをみなさんはご存知ですか?

「針を血管の中に入れたまま終わるのを待つ」といったような感じを想像している方が多いのではないでしょうか。

……でも実は違っていたのです。

一体どんな仕組みなのか、医師であるインヴェスドクター(@Invesdoctor)さんが教えてくれました!

出典:Twitter

へぇーー!知らなかった!!

一旦針で血管に穴を開けてから、ナイロン製のカテーテルを中に入れ、それから針を取り出している仕組みになっているんですね。

そしてまた点滴にはこちらの「翼状針」もあり、使ったらすぐに抜くタイプなのでカテーテルではなく針を血管に入れたままにするのだそうです。

hari_free_02_640

出典:Twitter

なるほど。長時間点滴する場合はカテーテルを入れるタイプのものを使い、短時間の場合は針を入れるタイプのものを使うんですね。なんだかもの凄く勉強になりますね。

<Twitterでの反応は…>

出典:Twitter

出典:Twitter

出典:Twitter

出典:Twitter

出典:Twitter

出典:Twitter

みなさんも驚いてしまいましたか?私も今まで針が入ったままだと思っていたのでビックリしてしまいました。このように医療の知識を知っておくと少し安心しますね。



出典:Twitter

tw_01_750
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加