「光を時に変える」シチズン時計が65,000個の地板を使って圧倒的な光の空間を作り出す

fd141125c011 光り輝くオブジェに包まれた空間、これを見て何だと思いますか?

日本の老舗時計メーカーである“シチズン時計”が、腕時計の基盤部品である「地板」を65,000も使い眩いばかり光る幻想的な空間を作り、東京、青山のスパイラルガーデンにて期間限定で公開しています。

これは今年の4月にイタリア・ミラノで行なわれたデザインの祭典ミラノデザインウィークでインスタレーション「LIGHT is TIME」という作品としてシチズン時計が発表し見事「ベストエンターテイニング賞」と「ベストサウンド賞」の2部門を受賞したもの。シチズン時計が光で発電するエコ・ドライブ ウオッチを通して「光を時に変える」というコンセプトを表現しています。


<動画はこちら>




※写真はミラノデザインウィークでの模様

fd141125c011
fd141125c010
fd141125c009
fd141125c008
fd141125c007
fd141125c006
fd141125c005
fd141125c004
fd141125c003

開催があと僅かに迫っていますが、お近くの方はぜひご覧になってみてはいかがでしょうか


■開催概要■
会期:2014年11月14日(金)~28日(金)
   *ご好評につき会期を延長いたしました。
   11:00~20:00 会期中無休 (最終日のみ23時まで)
会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)ACCESS MAP
   〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23
   東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道」駅 B1、B3 出口すぐ
入場料:無料

出典:複合文化施設「スパイラル」

fd141125c005s
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加