400人の子供たちを守るため、10キロの不発弾を背負い1キロ走った警察官に称賛の声

main 出典:YouTube


400人の子供たちを守るため、10キロの不発弾を背負い1キロ走った警察官に称賛の声が寄せられるなど話題となっています!


場所はインド。中央部に位置するマディヤ・プラデーシュ州の警察に、匿名の通報がはいったといいます。その内容とは、付近の中学校の校庭に不発弾があるということ。

通報を受けたAbhishek Patel巡査が学校に向かうと、校庭に不発弾があったそうです。巡査はその危険性を考慮し、学校を2時間近く早く閉鎖するように指示。自身は不発弾を拾い上げ、突然1キロの距離を走り始めました。


とにかく子供たち、人のいない方へ… 不発弾を背負って、岩や茂みを飛び越えながら走っていきます。こちらがその時の様子を一瞬とらえた数秒の動画です。

WS000001_R 出典:YouTube

Patel巡査は、10キロもする不発弾を抱え、スピーディーに駆け抜けていきます。

WS000002_R 出典:YouTube

動画はこちら

出典:YouTube

その後、不発弾は爆弾処理班によって処理されたそうです。

Patel巡査は「私の唯一の目的は、できるだけ子どもから(不発弾を)遠ざけることでした」と語っています。爆発したら500メートルの半径に被害を及ぼすとされていた不発弾を、約1キロはなれたところまで持っていったPatel巡査。

自分が命を落とすリスクを背負いながら、学校にいた400人あまりの子供たちを守るための勇気ある行動… 素晴らしいと思います。Patel巡査も無事だったということで良かったです。



出典:Youtube / timesnownews

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加