【涙腺崩壊】家族から「色覚補正メガネ」のプレゼント…66年の人生で初めて見た世界に涙

main 出典:YouTube

色盲で生まれたウィリアムさん。彼は66歳の誕生日に家族から、誕生日プレゼントをもらいました。バースデーソングを歌い、プレゼントをもらってワクワクしながら箱を空けてみると、そこにはひとつのメガネ。それが何なのかもわからず恐る恐るそのメガネをかけてみると…


ウイリアムさん。家族みんなに祝福されて、上機嫌。

01 出典:YouTube

誕生日プレゼントももらい、箱を空けてみるとひとつのサングラスのようなものが出てきました。

03 出典:YouTube

恐る恐るかけてみると…

04 出典:YouTube

そこには、66年間生まれて初めて目にする光景。

005 出典:YouTube

あまりの感動に、涙が抑えきれません。

05 出典:YouTube

でも、泣いている場合ではありません。これまでの遅れを取り戻すかのように、吸い込まれる空の青さをしっかりと目に焼き付けているのです。

06 出典:YouTube

多くの人にとって、色が見えているのは当たり前の世界。ウイリアムさんは色が見える世界を想像することすらなかったかもしれません。涙を流しながらも、メガネをかけて何度も何度も目に見える光景を確かめています。そして、そのことを一緒に喜びを分かち合う家族がいて、見ている私たちにも感動が伝わってきます。違いを受け入れて生きている家族に大切な何かを教えられているのかもしれません。

動画はこちら




出典:YouTube

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加