コンクリートの入ったバケツに繋がれたロープの先にあるものは・・・

WS000024_R 出典:YouTube
タイ・バンコクのとあるビルの屋上で撮影された動画がなかなかの恐怖映像になっています。

無造作に置かれたバケツ、中身はコンクリートが詰まっており、鉄筋で取っ手のようなものが付けられています。その取っ手にはロープが付けられているのですが、このロープの先に思いもよらないものが繋がっていたんです!

危険度MAX!ロープの先にあるものは?

動画ではコンクリートバケツから伸びたロープの行方を追っていきます!一体このバケツは何のためのバケツなのでしょうか??

▼ロープはバケツから上に伸びているようです。
WS000000_R 出典:YouTube


▼その後ロープは欄干らしきところを通り真下に
WS000002_R 出典:YouTube

ロープの先に繋がっていたものは!!

▼なんと人がぶら下がっていた!!
WS000003_R 出典:YouTube
なんとそこには壁にペンキを塗る作業員の姿が!!

命綱には心もとない細いロープに、コンクリートの重し・・・。

こんな環境での作業、怖すぎます。。。

▼しかもロープはほつれている個所もあります。
WS000001_R 出典:YouTube

この人絶対に太れないですね。

動画はこちら


動画の説明によると、バケツの重さは43㎏で、ロープは20m。作業中何度もバケツは動き回っており、非常に危険だと記されています。

おそらく、計算したうえで、重量と長さは調整しているのでしょうが、危険すぎますね。この作業をいつも繰り返しているのであれば、この作業員が太ることは命に関わります。考えただけで恐ろしい。。。

日本でこんな作業環境での作業をやるようなことはないと思いますが、非常に危険なので絶対に真似しないでくださいね。


出典:youtube

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加