【世界初】絶滅危惧種のスナネコの赤ちゃんがモロッコのサハラ砂漠で発見される

cat_01_main 出典:Facebook

アラブ首長国連邦やエジプトなどの砂漠に生息する小型の野生猫『スナネコ(サンドキャット)』をみなさんはご存知でしょうか。

日本には残念ながら生息していませんが、この愛くるしい姿が人気で、絶滅危惧種としても有名な猫なんです。また、夜行性で暗闇の中を足跡残さずに移動することでも知られています。

そんな野生のスナネコの赤ちゃんが、なんとモロッコのサハラ砂漠で発見され、海外で話題になっています!しかも、アフリカの生息域で記録したのは世界で初めてなのです!

めちゃくちゃ可愛いスナネコの赤ちゃん


発見したのは、4年間アフリカでスナネコを追跡していたフランスの調査チーム。

遠征最終日の深夜1時48分、チームが滞在していたキャンプから約4キロメートル離れた場所で、3匹のスナネコの赤ちゃんを発見したそうです。

早速、発見されたその時の映像をご覧ください!

動画はこちら


出典:Facebook

発見した研究者によると、このスナネコの赤ちゃんは生後6~8週間くらいだそうで、茂みの中で母猫の帰りを待っていた様子だったとのこと。この後、母猫も発見されたようです。

いかがでしたか?思わず頬が緩んでしまうほど小さくて可愛いですよね。絶滅危惧種で簡単には見ることのできないスナネコを一気に3匹も発見したことも凄いな~。



出典:Facebook

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加