「時間は貴重な財産」林修先生が“長時間の通勤時間”のデメリットを指摘…多くの反響

main 出典:Twitter@hatsumimigaku


「時間は本当に貴重な財産」


林修先生が“長時間の通勤時間”のデメリットをテレビ番組の中で指摘。その内容に多くの反響が寄せられるなど話題となっています。

通勤時間の長さを日々のストレスに挙げる方は少なくありません。通勤時間にスマートフォンで何かを勉強したり、日々のニュースをチェックしたりと、確かに有効に使えることもあるかもしれませんが、通勤時間が短いにこしたことはありません。

a0006_000229_R 出典:ashinari


林先生は、10月8日に放送された「林先生が驚く初耳学!」(TBS系)の中で、「金をかけてでも職場の近くに住むべき」と持論を展開。例えば、安くて広い郊外の住居から電車で通勤するよりも、家賃が高くても職場に近い住居を選ぶべきだと主張。

また、番組の中で林先生は新卒で入社した頃の自身の経験も明かしました。経済的に苦しい中、平均的に家賃の高い東京の文京区の住居に住み続け高い家賃を払い続けていたそうです。そのため、40歳を過ぎる頃まで貯金はできなかったといいます。


満員電車のストレスで失うものは大きい

林先生は「満員電車でかかるストレスで失うものは意外と大きい」と熱弁をふるい、「長い通勤時間により、睡眠時間と運動時間が確実に失われる」と続けます。

a0006_000059_R 出典:ashinari

そして、「お金は個々に使い道を考えると思いますが、時間はお金以上に価値があるかもしれない」と考えを述べていました。


(寄せられていた声)

これほんと正解だと思う。だから在宅勤務にしたってのもあるし。

出典:Twitter

これは言えてるが、近すぎもどうかと思うんで30分くらい最大一時間内がいいと思う。

出典:Twitter

満員電車とかインフルとかの感染率も上がるし、志望動機に「家から近い」があっても良いじゃんね?

出典:Twitter


このほかに「寝る時間も増えるしね」「これは共感できる。時間は何にも変えられない」「時間を意識し過ぎて、時間に追われる感覚になる人もいるのでは」「通勤時間は確かにいいことない」など、さまざまな声が寄せられていました。皆さんはどう思われますか?



出典:Twitter@hatsumimigaku

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加