藤井聡太四段や加藤一二三九段も掲載!ジャポニカ学習帳の最新作は「将棋」

main 出典:value-press


藤井聡太四段や加藤一二三九段も掲載!ジャポニカ学習帳の最新作「将棋」が発売されることとなり、話題となっています!


ショウワノートは、ジャポニカ学習帳『日本の伝統文化シリーズ』第5弾として『将棋』を2017年10月中旬より順次発売していくことを発表しました。

1_R 出典:value-press

こちらは裏表紙。「中学生でプロ棋士になった人」とし、加藤一二三九段や藤井聡太四段をはじめ、5人の棋士を掲載しています。

2_R 出典:value-press


ジャポニカ学習帳は1970年発売から47年の歴史を誇ります。子どもたちの興味関心の入り口として、子どもたちの学びを支えてきました。その興味関心の対象をより一層と拡大し、日本文化を後世に受け継いで欲しいという思いを込め、2015年9月24日に『日本の伝統文化シリーズ』を発表。

第1弾・歌舞伎、第2弾・相撲、第3弾に歌舞伎の追加柄、第4弾は相撲の特別版・稀勢の里を発売してきました。第4弾については、FunDoでも以前に横綱・稀勢の里が「ジャポニカ学習帳」の表紙に登場! 春場所初日に合わせて発売!という記事でご紹介しました。


ノートには、将棋のルールなど将棋を簡潔に分かりやすく紹介するページも設けられています。

4_R 出典:value-press

3_R 出典:value-press

5_R 出典:value-press


仕様はB5サイズ5mm方眼罫(300円/本体価格)。取り扱いは将棋会館を始め、書店ルート、一般の文具流通及び通信販売。


長年愛され続けるジャポニカ学習帳。その表紙に掲載される植物や動物、人物などの題材、写真やイラストには多くの子供たちの注目が集まります。今後も日本文化の継承につながる題材を用いた新作に期待したいですね!



出典:value-press

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加