2018年の年賀状は戌年だけどニャンコにも注目!脇役ながら存在感発揮!

main 出典:Twitter@kitteclub


毎年この時期になると話題になる年賀状の絵柄。2018年もユニークな絵柄が発表されて話題になっています!


2018年の干支は戌(いぬ)年。普通に考えれば主役は犬のはずですが、2006年に引き続いてニャンコが存在感を発揮しています。こちらは日本郵趣協会の公式Twitterアカウントによるツイートです。

出典:Twitter@kitteclub

dafaw 出典:Twitter@kitteclub


大きな変化として、まずは犬種がトイプードルに変わっていることが挙げられます。前回同様にかわいいイラストですよね。

そして、注目なのがニャンコ。2006年のときはこたつで丸くなっていましたが、2018年の年賀状では外を走っているトイプードルを見ているという設定のようです。前回は一匹でしたが二匹に増えていますし、前回よりも存在感が出てきた模様です。


(寄せられていた声)

犬はトイプー 猫はマンチカンとスコティッシュフォールド。ネコブームも反映してるデザイナーさすが

出典:Twitter

猫年も作って

出典:Twitter

2006年の猫、模様が「玉」に見えるのは、偶然が狙ったのか?

出典:Twitter


毎年、ほのぼのと親しみやすいデザインでも癒されますが、ちょっとした変化がまた面白いですよね。FunDoでは過去に年賀状の絵柄について、2016年の年賀状の絵柄発表!”12年前のお猿さんにある変化”があり話題に!2017年は“酉年” 毎年、変化が話題になる年賀状の絵柄が発表! 今回は逆戻り!?という記事も書いています。

こちらも併せてチェックしてみてください!



出典:Twitter@kitteclub

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加