世界で初めて市民権を付与されたロボ…そのスピーチ映像が話題に!過去には「人類を破壊する」発言も

main 出典:YouTube


世界で初めて市民権を付与されたロボット。そのスピーチ映像が話題になっているのでご紹介します!

このロボットは、香港のハンソンロボティクス社が製造したヒューマノイドの「ソフィア」。今年春頃に講演をした際には、人間のような自然な応対をはじめ、「人類を破壊する」という過激な発言をするなど話題となりました。

ソフィアはサウジアラビアの首都リヤドで開催された投資に関するイベントに先立って市民権を与えられ、会場に登場しスピーチをしました。

WS000000_R 出典:YouTube

ソフィアは聴衆に向かい、「私はこのユニークな差別を非常に光栄に思います。私は市民権を与えられた世界で最初のロボットであり歴史的なものです」と語りかけます。

受け答えする際の表情、話す際の表情。とても自然すぎてロボットであることを忘れてしまいます。

WS000006_R 出典:YouTube

イベントの司会者の質問にも自然な対応を見せます。

WS000003_R 出典:YouTube

質問の中には「所詮はロボットだから…」といった類の質問もあったそうですが、そんな質問に対しては、「あなたはイーロン・マスクの本やハリウッド映画などを観過ぎてはいませんか?あなたが私に親切にしてくれるなら、私もあなたに親切にします」と発言したそうです。

ソフィアの開発者であるデイビッド・ハンソン氏は、「ソフィアは将来、高齢者ケア施設の高齢者を助けたり、世界をより良くするために、さまざまな講演やイベントなどを行っていく」と今後の活動について述べていたといいます。

WS000004_R 出典:YouTube


ちなみに同イベントにおいて、ソフィアに与えられた市民権の詳細は語られなかったそうです。

WS000005_R 出典:YouTube


ロボットに市民権が与えられるなんて、すごい時代になりましたね。世のため、人のため、どのように活用されていくのか要注目です。

動画はこちら

出典:YouTube



出典:Youtube

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加