雪の結晶にも見える!?“毎秒1000フレームで撮影した稲妻”の動画に反響

出典:vimeo


雪の結晶にも見える!?“毎秒1000フレームで撮影した稲妻”の動画が反響を呼んでいるのでご紹介します!


稲妻をまじまじと眺めることなんて、そうそうないと思います。今回話題となっているのは、Phantom Flex4Kハイスピードカメラを駆使して、稲妻を毎秒1000フレームで撮影したという映像作家のDustin Farrellさんの作品。この作品では、稲妻が大空に描く軌跡をはっきりと見ることができます。

出典:vimeo

2017年の夏、1ヶ月以上にもわたってアメリカでの旅を続け、雷雲を撮影してきたといいます。さすがに精神的にも肉体的にも過酷極まりなかったようです。雷のほとんどはアリゾナ州で撮影されたそうです。

夕焼けと稲妻が同じ方角の空に描かれた奇跡は、自然の美しさと怖さなど… さまざまなことを感じさせてくれます。

出典:vimeo

毛細血管のようにも見えますし、雪の結晶に見えなくもないですね。

出典:vimeo

なんだか凄まじいですね。こんな風になっていたのですね。

出典:vimeo

大きな雷が鳴っていれば、怖いので足早に建物に入ろうとしたりと必死ですが、こうして稲妻を見ると、とても美しいものでもありますね。

出典:vimeo


自然の美しさと脅威を改めて感じさせてくれる映像です。ぜひご覧ください!

動画はこちら


出典:vimeo


出典:vimeo

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加