「心が温かくなり、そして悲しくなり…」上野博士をお出迎えする“幸せなハチ公の像”に反響

出典:Twitter@FIAJ_CPA


「この像の存在すら知りませんでした」「思わずグッときてしまいました」


上野博士(上野 英三郎)をお出迎えする“幸せなハチ公の像”に反響が寄せられるなど話題となっているのでご紹介します!

ハチ公と言えば、東京・渋谷駅前に設置されているハチ公の像を思い浮かべる人が多いと思います。今回話題となっているのは、東京大学に設置されているハチ公像です。投稿されたのは、Twitterユーザーの石部金吉@FIAJ_CPAさん。

出典:Twitter@FIAJ_CPA

出典:Twitter@FIAJ_CPA

出典:Twitter@FIAJ_CPA

出典:Twitter@FIAJ_CPA


上野博士をお出迎えする幸せなハチ公は、東京大学に設置されています。上野博士とは、日本の農業土木学者であり農学博士、東京帝国大学教授でした。日本の農業土木・農業工学・農業農村工学の創始者であり、忠犬ハチ公(ハチ)の飼い主としても知られています。

嬉しそうに上野博士に飛びつくハチ公の姿には、博士とハチ公との関係、固い絆が凝縮されています。


生後50日の時、博士と出会った

1924年の1月に秋田県大舘市で生まれたハチは、生後50日で鉄道で小荷物として運ばれ、当時東大農学部の教授であった上野博士のところに来ました。

犬好きだった博士は、体の弱かったハチ公を自分のベッドの下に寝かせるなど細心の気遣いをして育て大いに可愛がり、大学や渋谷駅にいつも送り迎えをさせていたといいます。しかし、1925年5月に博士が大学で急死…。突然の別れが訪れてしまいます。

ハチ公はその後、朝夕ともに駅に通い、博士の姿と匂いを求め続けていたそうです。


こちらは渋谷駅前のハチ公像。大好きな博士をずっと待ち続ける姿…。

出典:pakutaso


(寄せられていた声)

はじめまして。 この像の影の写真を見て涙腺崩壊しました・・・

出典:Twitter

こういう銅像があることさえ知りませんでした。心が温かくなり、そして悲しくなり。教えてくださってありがとう。

出典:Twitter

私もこちらの方が好きです。この像をネットで知ったときハチ公、良かったね!とオイオイ泣いてしまいました。

出典:Twitter


この像の存在を知り、「心が温かくなった」「良かった」とコメントするユーザー。また初めて像の存在を知ったというユーザーなど、さまざまな声が寄せられていました。

嬉しそうに博士に飛びつくハチ公と愛情あふれる博士の姿。博士に対する深い愛情が伝わってくる像ですね。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:en.a.u-tokyo / Twitter@FIAJ_CPA

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加