飲食店のドタキャンを未然に防ぐ新サービス!「ドタキャン防止システム」が登場!

出典:atpress


飲食店のドタキャンを未然に防ぐ新サービス「ドタキャン防止システム」が登場して話題となっています!

飲食店側にしてみれば、ドタキャンはたまったものではありません。皆さんも、身近なお店でそうした事で困っているという話を店主や従業員から聞いたこともあるかと思います。

今回リリースされたサービスは、相次ぐ予約の無断キャンセル・ドタキャンによる被害を減らすために立ち上げられた「ドタキャン防止システム」(全国の個人飲食店オーナーが集まって運営する「全日本飲食店協会」による)。利用料金永久無料で2月19日よりスタートするそうです。

出典:ashinari

飲食店オーナーからの悲痛な声がきっかけに…

「ドタキャン、求人問題、顧客管理」は飲食業界では3大問題とされ、店舗経営の存続に関わる事態も招きかねない業界の課題です。中でもドタキャンに対して、飲食店は泣き寝入りを余儀なくされてきました。ドタキャンによって売上は減少し、食材費と人件費の支出は利益を圧迫します。また、食材を破棄しなければならないという生産者への申し訳なさ、仕込みにかけた時間と労力の無駄…などなど、挙げればきりがありません。

このシステムは、ドタキャンに長年悩まされてきた飲食店オーナー達のアイデアにより開発が実現。過去にドタキャンをされたことのある電話番号をデータベースに登録し、新規の団体予約の電話を受けた際、その場でデータベースに照合することができます。

出典:atpress

同システムのデータベースは、「電話番号」「ドタキャン日時」「予約人数」のデータだけを収集。これらは個人情報保護法に抵触しない範囲として、弁護士事務所にも確認を取っているとのこと。データベース照合によって個人が特定できる可能性はありません。

店舗はこれらの情報を入手することで、ドタキャン回数が多い相手には予約の断りを入れる、団体でのドタキャンが過去にあった場合は前金制での案内をする、同一店舗ばかりでドタキャンが相次いでいるなどの不自然な状況であれば、データの信憑性は低いと判断して対応するなど、ある程度の予測をしながら利用することができます。

飲食店の協力により構築したデータベースによって、ドタキャンの被害が少なくなっていけばいいですね!


全日本飲食店協会 公式サイト
ドタキャン防止システム専用サイト

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典: atpress

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加